転職お役立ちコラム

第二新卒で大手への転職を目指す方法

第二新卒だけど転職しても大丈夫?

 

 

 

まず、第二新卒とはだいたい入社1〜3年目の人をさします。

入社して間もないのに転職活動をしても、応募先の企業にいい印象を与えることができないのではないか?

と不安に思う人が多くいます。

今回は、第二新卒でも転職活動をすることは全く問題ではなく第二新卒だからこそ大手に入社できる可能性が大きくなる転職活動のコツをお伝えしたいと思います。

 

 

第二新卒のニーズは例年よりも増加している

 

これまでは、第二新卒の転職というと経験が浅いことから

「採用してもすぐ辞めてしまうのではないか。」
「根性がないのではないか。」

など、ネガティブなイメージで受け取る企業も多くありました。
ですが、近年はその状況はめまぐるしく変化してきています。

 

第二新卒が求められる理由

 

現在は3年以内に退職する人が3割以上いると言われており、20代前半~中盤にかけて人材不足に陥っている企業が多くあります

また、終身雇用にこだわる意識も薄れてきており、
ビジネススキルがある若い人の転職がかなり多くなってきていることも、
第二新卒が求められている理由になります。

 

企業が第二新卒を採用するメリット

 

では、企業にとって第二新卒を採用するメリットは何でしょうか?
実は新卒の採用と教育には多大なコストがかかっています。

第二新卒となると、最低限のビジネスマナーやスキルを身につけているので、
新卒採用よりも育成面での手間やコストが抑えられるというメリットがあります。

 

第二新卒は大手に中途入社できるチャンスも

 

新卒採用時には何千人と応募があり、書類選考で落ちていたという方であっても、
中途採用で応募する人は新卒で応募する人と比べるとかなり少なくなるので、
これまでの経験を通して得たものが応募先の企業が求めているものと合致すれば、
中途採用試験では十分に面接に通る可能性があります。

このように第二新卒の採用試験では面接に通りやすいという点も
第二新卒の転職では魅力になってきます。

 

第二新卒のためのスマートな転職方法

 

上記で第二新卒のニーズは増加傾向にあるとお伝えしましたが、中途採用を行っているすべての企業が第二新卒を求めているわけではありません。

そのため、1から自分で企業を検索して応募するという方法ではかなりの時間と労力が伴ってきます。

そこで、転職エージェントを利用して転職活動をするといったことがおすすめの転職方法になります。

 

転職エージェントを利用するポイント

  • 第二新卒を積極採用している企業を紹介してもらえる。
  • 面接や書類作成のアドバイスを受けることができる。
  • 無料で利用できる。

 

数あるエージェントの中でもおすすめのエージェント

 

転職エージェントはいくつも会社が存在しており、その会社ごとで特徴も異なってきます。ここでは、第二新卒の求人を多く取り扱っていて、転職者からも好評の転職エージェントをそれぞれの特長と合わせて紹介していきます。

 

リクルートエージェント

 

日本最大級の求人数を誇る転職エージェント。その9割以上が登録することでしか紹介を受けられない非公開求人です。非公開求人とは、後悔することで応募が殺到しそうな企業が厳選した採用活動を行いたいという理由から求人情報をオープンにしていないという理由があります。そのため魅力的な企業と出会える可能性はあるものの、第二新卒に特化したサービスではないので、他サービスと併用することがおすすめです。また、面接対策では面接練習専任のコンサルタントから指導を受けることができるので、本番でも自信を持って面接に挑むことができます。

 

ポイント

  • 取り扱い求人は日本最大級
  • 地方の求人にも強い
  • 書類添削・面接対策も充実

 

リクルートエージェント

 

マイナビジョブズ20’s

 

マイナビジョブ20'sは、マイナビの中でも20代の転職サポートに特化したサービスです。特に首都圏や関西、東海地方に強いネットワークをもっており、ほぼすべての業種の求人を網羅・サポートしてくれることも魅力です。以前同社のコンサルタントと関わったことがあるのですが、サポートのスピーディーさと丁寧さはかなり良いと思います。また、悪い評判も聞かないので登録することをおすすめします。

 

ポイント

  • 非公開求人という、登録者だけが見られる優良求人が約9割
  • 面接対策に定評がある
  • 面接日程調整なども代わりに行ってくれる

 

マイナビジョブ20's

 

20代の転職相談所

 

転職エージェントの要素を併せ持つ転職サイト。転職慎重に転職活動を進めたい方におすすめで、第二新卒に特化したサイトだからこそ、掲載されている企業も第二新卒の人材を求めている求人ばかり。また、企業側がサービスを利用するハードルを高く課しており、「離職率の高い企業」、「社会保障が完備されていない企業」などは排除されているので、安心してサービスを受けることができるのが特長です。業界は、商社、メーカー、広告出版に強く、これらの業種に転職したい方は登録しておいた方が良いでしょう。

 

ポイント

  • 10,000人以上の第二新卒の転職支援実績あり
  • ブラック企業を排除している
  • 第二新卒に特化した求人5,000社以上取り扱い
  • 社会人経験が極端に浅い人は、既卒者・未経験者OKの求人が多く掲載されている系列の、いい就職.comを利用することがオススメ

 

20代の転職相談所

 

JAIC

 

関東・東海・関西エリアでサービスを展開しているエージェント。定着率も95%と高いことから、優良求人を多く取り扱っていることが分かる。また、優良企業と書類選考なしで面接ができる就職イベントを開催しているので、登録をして定期的にチェックすることもおすすめ。また、10年以上の転職支援の実績があり、面接対策だけでなくマナー対策や身だしなみ対策などを行ってくれることも心強いです。

 

ポイント

  • 紹介可能な企業は50,000社以上
  • 人物重視で採用したいという企業も多く利用
  • 書類選考無しで面接ができるイベントなども開催

 

JAIC

 

ウズキャリ第二新卒

 

利用者の約9割が内定を獲得している転職エージェント。残業時間が長い、若手の離職率が高いなどブラックの側面を感じさせる企業は徹底排除。そのため、約2,000社の求人取り扱いとなり若干他サービスと比べると求人数は落ちますが、厳選された優良企業に出会えるチャンスは大きくあるでしょう。また、1人ひとりにかけるサポートもかなり手厚く、面接対策は受ける企業ごとにあるので、自信をもって面接に臨むことができます。

 

ポイント

  • ブラック企業を徹底排除
  • 取扱い求人は厳選された企業ばかり
  • 1人当たりのサポートがかなり手厚い

 

ウズキャリ第二新卒

 

キャリアスタート

 

関東方面(特に東京)の求人に特化した転職エージェント。20代の第二新卒に特化したエージェントだからこそ、求人も厳選したものを取り扱っている。面接などのサポートも充実しており、提携しているリクルート社のエージェントランキングでも上位表彰の常連。ただし、求人数は他と比べて少ないので、希望職種が定まっていない人は他サービスと併用することをおすすめします。

 

ポイント

  • 関東方面の求人に特化
  • 営業・事務・エンジニア・販売・接客の求人が多い

 

キャリアスタート

 

 

エージェントの特長比較

求人に強い業種、エリアなど上記のエージェントを比較する表をつくってみました。あなたにおすすめの転職エージェントを見つけて相談してみましょう!

 

リクルートエージェント マイナビジョブ20's 20代の転職相談所
対応エリア 全国 首都圏、関西、東海に強い 首都圏、関西、東海に強い
強い業種 全業種 全業種 営業、設計、マーケティング
求人数
非公開求人
第二新卒特化

 

JAIC ウズキャリ第二新卒 キャリアスタート
対応エリア 関東、関西、東海、九州 全国 首都圏
強い業種 全業種 全業種 営業・事務・エンジニア・販売
求人数
非公開求人
第二新卒特化

 

 

第二新卒の採用試験は面接で差をつける!

第二新卒はとなると社会人経験は1~3年以内で、大きな仕事を任されたなどという人はそんなに多くなく、どの人も同じくらいのビジネススキルだろうと面接官は思っています。

そのため、採用で重視するポイントとして

 

  • 熱意・やる気
  • 最低限のビジネスマナー
  • 性格

 

といったスキルよりもあなたそのものといった人物面をチェックされる傾向が多いです。
ですが、それに付加してこれまでのビジネスで得てきたものをしっかりと答えることができれば、
他の転職を考えているライバルとも差が付きますし、面接官への印象もだいぶ良くなります!

面接でのポイントおよびよく聞かれる質問やその回答例は、下記にまとめてありますので是非参考にしてみてください。

 

転職お役立ちコラム 面接対策

2020/2/15

就職・転職面接ではこの質問の対策をしておけば内定にぐっと近づける

転職エージェントとして、多くの面接に同行してきましたが、ほぼ全ての企業で、最後にある「決まったこと」が聞かれています。 そして、そこでしっかりと答えることができれば、面接官に対して良い印象で面接を終えることができます。 今回はその「決まった質問」に対する回答方法について考えていきたいと思います。   面接終盤の決まり文句「最後に何か質問はありますか?」     これまで転職や新卒採用で面接を経験してきた方であれば、たいていの方はこの質問に出くわしたことがあると思います。 また ...

ReadMore

転職お役立ちコラム 面接対策

2020/2/7

転職で人生をミスる人の意外な特徴

  職を変えることは近年当たり前の時代になってきている現代。 かつてと異なり、同じ会社に尽くし続けることのほうが稀になってきています。   離職率とインターネット行動の関係性   経済学者「マイケル・ハウスマン」の研究結果で離職率に関する面白いデータが導き出されています。 マイケル・ハウスマンは、これまで顧客サービス係のマネジメント研究に従事してきた方で、 電話のオペレーティングスタッフやカスタマーサポートの従業員の離職率が高く、会社としても採用や教育のコストがかさみ、負担が ...

ReadMore

面接対策

2019/3/11

転職面接でノルマの有無を確認したい場合のテクニック

ノルマのない会社に転職したい人へ     営業職へ転職を考えている場合、ノルマがあるかが気になるところ。また、その程度によっても厳しさは大きく変わってきます。 状況を確認したいけれど面接時に「ノルマはありますか?」なんて聞くことも危険です。たとえノルマがなかったとしても、やる気がないのかと疑われてしまいがちです。 こんな時どのように質問すればよいかをお伝えします。 それでは、実際に転職面接で活用できる回答例を見ていきましょう。 営業未経験の場合 回答例 「御社を受けさせていただくにあた ...

ReadMore

面接対策

2019/2/26

仕事関連の質問は面接合否の分かれ道

質問内容次第では大きく印象を残すことになるが… 転職の志望理由で外せないのが「仕事内容」。だけど、いざ入社してみると考えていた業務と全く違っていたということで、早期退職をしてしまう人が絶えないのが近年の転職市場でよくある話。 たとえば、「事務職として採用されたはずが、いざふたを開けてみると工場現場の仕事も兼務。ましてや、工場現場の仕事のほうが中心業務になっている。」という話もよく聞きます。 入社後のミスマッチを防ぐにはメインとなる業務のことはもちろん、サブの業務として発生する業務の内容や業務量もしっかりと ...

ReadMore

転職お役立ちコラム 面接対策

2018/12/18

その会社は入社して大丈夫?面接時にチェックしたい項目

面接時の質問で聞き逃すと後悔するかも 転職サイト運営会社が主催する就活イベントや、行政が主催するIターン、Uターンを受け入れるための合同説明会などが充実するようになってきました。そのような機会を活用することができれば、直接企業の採用担当者と会うことができるので会社選びには大いに役立ちますが、現在働きながら転職活動を行おうと思っている人にとっては「なかなか行きづらい」こともあるでしょう。 そのため、近年は「転職エージェント」を活用した転職活動が右肩上がりで伸びてきています。転職エージェントとは、簡単に言うと ...

ReadMore

 

面接でのポイント

  • これまでの社会人経験で得たものを答えること
  • ネガティブな転職理由は絶対に言わないこと
  • この会社じゃないとダメという熱意を伝えること。
  • 競合他社でもいいのではと思わせない。

 

まとめ

第二新卒での転職を考えた時、求人の検索面、面接対策、紹介者というパートナーを持つという要素からも考えても転職エージェントの利用は必須になってきます。

そのうえで、やる気や熱意はもちろんのこと、これまでの社会人経験で得たものをしっかりと伝えられるよう、自分自身を振り返ることも転職成功には欠かせない要素です。

しっかりと自分自身の描きたいキャリアプランをしっかりとイメージしながら、理想の転職を叶えるようにしましょう!

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動