転職お役立ちコラム

看護師の転職に伴うよくある悩みについて【看護師の転職事情】

看護師の転職について回る"2つ"の大きな悩み

 

 

一般企業の転職と比べると、看護師の転職では「転職に失敗した」と感じる人も多くいるそうです。実際にこちらのサイトにも「転職に失敗したけれど、すぐに転職活動をして大丈夫?」などの悩みが寄せられています。
転職経験のある看護師に寄せられた、よくある悩みと転職で失敗しないためにはどうすればよいかを考えたいと思います。

 

看護師が転職後に抱える2大悩み

  • 採用時の契約内容と違う
  • 職場環境(特に人間関係)に馴染めない

 

採用時の契約内容と違う

募集内容や面接時で確認した事項と、入職時の契約内容が大きく異なるという悩みは後を絶ちません。

例えば、

 

残業代は完全支給になっているにも関わらず、周りのスタッフが残業代を申請しないので、自分もその空気に飲まれて申請できない。

 

病棟勤務という風に言われており、私も病棟勤務を希望して入職した。入職当初は病棟に1週間ほど勤務していたが、すぐに手術室へ配置転換された。手術室の経験があることを伝えていたので、きっと初めから手術室に配置するつもりで採用したのだろう。

 

など、雇用契約を結んだ条件と実情が大きく異なることから不満を抱く方が多数います。

 

職場環境(特に人間関係)に馴染めない

 

どの病院でもいえることだと思いますが、看護職の大抵の人が人間関係で悩んでいます。

 

師長が患者さんや家族のことをあまり良く言っていないことがあり、部下のスタッフも何も言えずにいる。このような空気の中で働き続けると思うと、精神的にもかなり参ってしまう。

 

転職組に関する教育システムも充実しているとホームページやパンフレットに記載はあったが、実際にシステムはあってもバタバタしており、丁寧に仕事を教えてもらえるような雰囲気でもありませんでした。このようなことから職場に不満を抱き、働いている人ともどうも打ち解けられません。

 

といった性格の問題や教育体制の不備に関しても不満を抱く人は多いようです。

 

看護師の転職を成功に導くには

 

 

これらの「条件面の違い」や「人間関係」については、転職前にある程度解消することが可能です。

その方法のひとつが「看護職に特化した転職エージェントを活用すること」。

たとえば、ナース人材バンクなど、大手の転職エージェントは、日ごろ病院と密に連絡を取っているので、どんな人材が向いているか、どのような職場環境なのかも把握しています。

 

転職エージェントとは

転職エージェントとは、求職者(あなた)と病院・クリニックとの間に入って、転職をサポートしてくれるサービスです。
事前のヒアリングで希望に沿った求人を提案してくれるのでミスマッチも少なく、無料でサポートしてくれるところが魅力です。

 

看護師の転職事情

 

看護職の転職は、求人情報誌求人サイトハローワークなど自分で職を探して転職する人が多いと言われています。
そのため、第3者からの情報を得られる機会も少なく、「入ってみたら思っていたところと違った」と後悔してしまうそうです。

 

転職エージェント活用で解決できる悩み

・勤務条件を交渉してくれる
・求人を探す手間から解放される
・病院見学や面接にも同行してくれる場合があるので心強い
・職場環境(どんな人が多いか)などを教えてくれる

 

このようなことからも、入職後に「こんなはずではなかった」と後悔する機会を減らすことができます。

 

大手の転職エージェント5選

 

 

「こういう職場で働きたい」、「ここのクリニックの求人を見て雰囲気などを事前に知りたい」など相談してみてもいいでしょう。

勤務時間が不規則な人もいる中で、自分で転職先候補を探すことは大変で、辛い思いをしながら働き続けているという方も多いのではないでしょうか?

情熱と目標を持っていきいきと働くことができるよう、後悔のないナーシングストーリーを描いてください。

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動