転職お役立ちコラム 面接対策

就職・転職面接ではこの質問の対策をしておけば内定にぐっと近づける

転職エージェントとして、多くの面接に同行してきましたが、ほぼ全ての企業で、最後にある「決まったこと」が聞かれています。

そして、そこでしっかりと答えることができれば、面接官に対して良い印象で面接を終えることができます。

今回はその「決まった質問」に対する回答方法について考えていきたいと思います。

 

面接終盤の決まり文句「最後に何か質問はありますか?」

 

 

これまで転職や新卒採用で面接を経験してきた方であれば、たいていの方はこの質問に出くわしたことがあると思います。
また、このような「質問はありますか?」という問いに対して、どういう風に答えることが正解なのか分からない人も多いでしょう。

よくある答えとして、

よくある

・職場環境について
・給料や休み、福利厚生について

 

などを質問している人がいますが、これでは面接官の印象に残りづらいです。
この「最後に質問はありますか?」の意図などをしっかりと把握して、上手に答えられるよう準備しておくかおかないかで、内定の可能性も大きく変わってきます。

 

最後に質問はありますか?の5つの狙い

「質問はありますか?」と尋ねるということはこれまでの面接の流れであなたに興味を持っている証拠。つまり、否定的な印象であればまずこの質問を繰り広げられることはありません。

 

1.会社に興味を持っているか確かめたい

これまでの質問の流れにおいても、志望動機など会社への興味関心を確認する質問をされているかと思いますが、面接では確認できなかったことに対しても興味を持っているか、面接官自身が確認したいという事で、質問はないかを尋ねることがあります。

 

2.面接できれいごとを言っていないか確認するため

面接には事前の準備が欠かせないもの。転職を希望した理由や志望理由などは事前に用意してくるものだと面接官もわかっています。
そこで、「最後に質問はありますか?」と問いかけることでこれまで答えていた内容がきれいごとか本心かを確認しようとする狙いがあります。

 

3.コミュニケーション能力の有無を確認するため

面接官の質問に対しては積極的に答えていたにもかかわらず、こちらに質問を求めた時に「特にないです。」と答えると、会話のキャッチボールが上手じゃない人として見られる場合があります。

 

4.ミスマッチを防ぐため

面接で互いのこと(会社のこと、あなたのこと)を完璧な理解まで持っていくことは不可能です。そのため、入社したときにこんなはずじゃなかったと早期退職につなげないためにも、最後に質問を促してミスマッチを防ぐという狙いがあります。

 

5.純粋にあなたに好印象を持ったため

面接官としては、少しでも不安なく入社してもらいたいという気持ちがあります。そのため、その不安を少しでも軽減させるために質問を促して不安を解消したうえで入社してもらいというという狙いがあります。

 

「最後に質問」は結構重要な判断材料

 

面接官は意味のない問いかけはしません。最後の最後にぼろを出さないように注意をすることが必要です。

ある企業の採用担当者は、この「最後に質問はありますか?」の前で面接が終了したと思って気を抜いてしまう人が多いので、ふるいにかける良い判断材料になるという風に言っていました。
特に人気の企業や採用枠の少ない中途採用枠であれば、ここでライバルとの差をつけやすいと言っても過言ではありません。

なぜならこれまでの経験やスキルは違えど、志望動機などは事前にホームページなどでチェックしやすく、誰もが似たようなことが言える可能性があるからです。

 

面接時に質問を3つは考えておくこと


面接の「最後に質問はありますか?」という問いに対しては必ず答えられるようにした方が良いという事が言えます。

仕事のこと、職場環境のこと、入社までに準備や勉強をしておいたほうが良いことなど、最低3つは考えるようにしておきましょう。

もちろん用意した質問全てを出さなくても大丈夫です。
心の余裕を保つためにも3つほど用意しておけば心理的にも安心です。

 

言ったらNGな質問もある

 

質問をするに越したことはありませんが、
いうと逆に悪印象につながりかねない質問もあります。たとえば、

 

面接時のやり取りを繰り返すケース

面接時に得られた情報を再度聞くことはよくありません。「この人は話を聞かない人」だと思われてしまいます。どうしても聞きたい場合は、「先ほどの話でもう少し深くお伺いしたいことがありまして、」など、悪印象にならないような前置きをするなど工夫するようにしましょう。

 

調べたらわかる簡単なことを聞くケース

面接には事前の準備が必要という風に言ったように、調べたらすぐにわかるようなことな質問は、熱意が足りないなど悪い風にとらえられてしまうので避けたほうが良いです。

このような質問もそうですし、返答に困るような質問はできるだけ避けるべきです。あなたが面接官の立場だったらという事をしっかりと意識したうえで質問の用意をしてください。

 

面接を完ぺきにこなしたいのであれば、プロに相談を

 

何度受けても面接がうまくいかない等の悩みを持っている人は、プロに面接の練習を依頼することも一つの方法です。
転職エージェントという存在を聞いたことがあると思いますが、転職エージェントは職業の紹介だけでなく、受ける企業に特化した面接の練習も行ってくれます。

無料でサポートを受けることができるエージェントがほとんどですので、面接に不安を感じた場合は迷わず相談してみることをおすすめします。

 

無料で面接練習を行ってくれる大手の転職エージェント

 

リクルートエージェント

大手人材サービス会社「リクルート」が運営する転職エージェント。求人紹介・サポートをしてくれるコンサルタントとは別に、面接練習を承ってくれるサポート部門も存在します。電話での面接練習の場合がほとんどですが、本番さながらのシミュレーションができますよ。

 

パソナキャリア

大手人材派遣会社が運営する転職エージェント。親身なサポートから利用者からの評価も高く好評です。また、自己PRの方法なども丁寧に教えてくれるので、面接対策にも活かすことができます。
 

doda

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあり。希望や適性に合うような求人を紹介してくれるだけでなく、一般の転職サイトには載っていないような非公開求人も多く取り扱っていることで有名です。これは全国的な実績が豊富なdodaだからこそ。登録しないと出会えないような大手の求人・好条件の求人と出会える可能性もあります。

-転職お役立ちコラム, 面接対策

© 2021 年収アップを叶える転職活動