転職お役立ちコラム

転職後、社風に合わず退職する人の割合は〇%!


無事に終了したと思った転職活動。ですが、働き始めると前職との社風のギャップを非常に苦しく感じ、1年以内に退職する人は約30%といわれています。10人に3人という数字なので、とても多いといえるでしょう。では、事前に自分に合うか確かめる方法はないのでしょうか?今回は、これらのギャップを解消するための秘訣をお伝えしたいと思います。

社風が自分に合うか確かめる方法

転職活動時、「とにかく受からないと…」という気持ちが強すぎて、会社環境が自分に合うかどうかを判断できないまま転職活動を進めてしまうケースが多いです。
そのため、実際に入社して職場で働いてみたら「働いている人と合わない。」、「職場環境が自分と合っていない。」と不満を抱く可能性も多くあります。それらのギャップに耐えることができず、短期間で退職という判断をしてしまう人が多くいます。

短期間での退職は次の転職活動を行うにあたっても、「また社風が合っていなかったらすぐ辞められてしまうのかな。」と人事担当者にあまり良い印象を抱かれません。あなたの思い描く環境面で相性が合う会社、合わない会社を見極めるにはどうしたらよいでしょうか。

経験豊富なエージェントを上手に活用する

求人を保有している企業に対して紹介実績が豊富な転職エージェントは、企業に直接顔を出しているため、企業の内情なども把握している場合が多いです。エージェントに、給与面や職務内容だけではなくて、会社の雰囲気などの情報を聞きながらも、同時に自分の仕事に対する姿勢や、あなた自身のことをよく話し、どんな人間性か理解を深めてもらいましょう。そうすることで、エージェントがあなたに合った会社を選定し、紹介してくれます。

また、これまでの紹介実績からも、どのような人が向いていてどのような人が向いていないかということも理解している場合が多いのも魅力のひとつです。

ハローワークとの違い

ハローワークは、企業から直接ハローワークに求人掲載の依頼をかけているため、ハローワークの担当者自身は会社の雰囲気などを把握していないケースが多いです。そのため、ミスマッチが原因で早期退職に至ったなどの口コミがあふれています。

もし会社の社風などもしっかりと把握したうえで転職活動を進めたい場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

各転職サイト・エージェントの口コミ

裏話

転職エージェントを介して転職した場合、一定に期間以内に退職すると、エージェント側が企業に違約金を支払わなければいけません。このようなことからも、ミスマッチを防ぐ必要がエージェント側にはあるのです。

内定後に同世代の社員に会わせてほしいと依頼する

面接から内定までに、社長や部門長など、たいてい2~3人と顔を合わす機会があると思いますが、今ひとつその企業で働いている人の雰囲気がつかみづらい場合は、「大変申し訳ございませんが、同世代で活躍している方に会わせていただくことはできますでしょうか?」と持ち掛けてみましょう。
ただしこのようなお願いをするのは内定が出た後にしてください。内定前だと、「内定前なのに…」と企業側に敬遠される場合があります。
また、もし会わせてもらって「この会社で間違いない」と思うことができれば、転職活動は成功したといえるでしょうし、「やはりイメージと違う」という確信を持った場合、エージェントに内定辞退すればよいので、あなた自身の負担も軽減されます。

以上のことからも、転職エージェントを利用するメリットは大きくあるといえます。社風が合わずに早期退職をしてしまう「30%」のうちに入らないよう、冷静かつ入念な転職活動を心がけましょう。

各転職サイト・エージェントの口コミ

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動