面接対策

転職面接の回答例文①「なぜ当社を選んだのか?」

志望動機を聞く際の代表的な質問が、「なぜ当社を選んだのですか?」という質問です。
「営業をしていたので、これまでの経験を活かせると思ったからです。」など、どこへ応募しても当てはまりそうな応答はもちろんNG。応募した企業の「同業他社」がたくさんある中で、どうしてこの会社を選んだのか。ということに対して、思いを語る必要があります。

他社でもいいのではないか…と思われた時点でアウト

「なぜ当社を選んだのか」という質問の真意には、「入社の意欲」を確かめられています。この質問をされるということは、書類選考でも非常に興味を持たれているという証。
そこで、「同業他社にピンと来るところがなかったから応募した。」、「同業他社で募集しているところがなかった。」というような姿勢が感じ取られれば、もちろん印象は悪くなります。

また、応募するにあたっての選択基準が何か伝わってくることで、企業側の採用意図とのギャップがないか確認できるのも企業側にとっては好都合になります。

それでは、実際に活用できるモデルトークを見ていきましょう。

職場環境が自分に合っていると感じたから

回答例

「応募するにあたって、株式会社●●と株式会社××を検討しましたが、御社のほうが活発的かつきめ細やかな営業活動を行っていると感じました。実際に御社の営業の方とお話しをさせていただいたこともあるのですが、わかりやすく丁寧な説明が印象的で、きっと営業活動においても押し売りをするような態度ではないと感じることができました。このように相手を思いやった話し方と知見の広さで顧客を増やしていくというスタイルは私の目指すスタイルとも一致しており、ぜひ御社の一員として働かせていただきたいと思いました。」

ポイント

実際に職場の雰囲気や会ったことのある社員の雰囲気を確認しておくことが大前提!

職場の雰囲気を志望動機の第一に持ってくるということは、「会社はあくまでも働く場所であり、サークルとは違うため」あまりおすすめはしませんが、職場環境に共感を得たからという志望動機もないわけではありません。よく、求人広告のPR文章で、「みんな仲が良く、明るく元気な職場です!」という文言を見たことがあるかと思いますが、そのフレーズをバカ正直に受け止め、共感したかのような回答をすることも浅はかと思われがちになります。

職場環境に共感を得たことを志望動機に持ってくる場合は、まずどのようにして確認をしたかを説明できないとだめです。そのうえで自分自身が働きたい環境とその中で貢献できる点を結び付けて話していくことが大切です。

企業理念に魅力を感じたから

回答例

「企業理念にあった、“AIの力でブラック企業をなくす”という言葉に魅力を感じました。昨今過酷な労働に耐えきれずにうつになったり、命を絶つことを考えてしまう人がいる中で、AIの力で職場環境改善を図る未来への大きな可能性を感じました。私自身pythonなどの言語を学習しており、AIの力の可能性を大いに感じています。このような経験も生かして、御社とともに働く人すべての人が笑顔で毎日を過ごすことができるよう、労働環境を変遷させていきたいという思いから志望させていただきました。」

ポイント

他の応募者も理念をチェックしていることは忘れずに!

他の応募者も必ず、応募先の企業のHPをチェックしていることを忘れてはいけません。かつて転職支援をしていたころ、「理念に共感したというフレーズは飽きた。」という声を人事担当者から聞いたことがあります。志望動機で語りやすいのは、どうしても「理念や商品」になります。モデルトークのように自分自身が貢献できるスキルや、なぜその企業がこのような理念を掲げているのか。というところまで踏み込んで志望動機を語ることで、ライバルとは違う良い印象を与えることができるでしょう。

前職の経験を生かして、新たな環境でチャレンジしたいから

回答例

「これまでは金融機関で法人を中心に融資の営業をかけていましたが、保険に特化して個人への営業にチャレンジしたいと思い志望させていただきました。もちろん取り扱える商品は御社だけのものになりますが、御社の商品の魅力や他との違いを丁寧に説明することで、ファンを増やすことに貢献したいと考えています。もちろん法人と個人とでは営業スタイルも異なってくるので難しさもあるとは思いますが、一人ひとりのライフプランに合わせた商品を提供していくことのやりがいはきっとあると感じました。」

ポイント

異業種への応募だとしても、前職の経験を結び付ける!

異業種への転職活動であったとしても、少しでも関連するような業務をしていれば、そのことを関連させたうえで上手に回答することができます。ただし、「営業の経験があるので応募しました。」だけだと、どうしても浅い志望動機になってしまいます。応募先企業の商品やサービスに焦点をあてて、志望動機を語るようにしましょう。もし未経験の職に応募する場合は、どこに魅力を感じて、なぜあえて未経験の仕事を応募しようと思ったのかをしっかりと語ると、未経験の職種に挑戦したいという決意も伝わってよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?志望動機を話す際は、しっかりと企業の強みと、あなた自身がどの分野で貢献できるかをリンクさせて「なぜ当社を選んだのか」という質問に答えられる用意をしておくことで、他の候補者との差別化を図ることができるはずです。

その他の面接対策もチェックする

-面接対策

© 2021 年収アップを叶える転職活動