面接対策

転職面接の回答例文②「転職理由・退職理由」

転職の決断という、人生でも転機となる場面を通じて、仕事に対する取り組み方や、転職先に期待していることを探り、ミスマッチがないか確認しようという意図からの質問です。この質問も必ずと言っていいほどされますので、あらかじめどのように応答するか用意しておくことが必要です。答え方ひとつ間違えると、かなりの減点にも繋がっていきますので、どう答えたら良いかを解説していきます。

ネガティブな退職理由は言わないこと

「現職(前職)の経営方針が納得できなかったから転職をしようと思った。」、「上司と意見が合わず、このまま仕事を続けるのは難しいと思ったから転職を決意した。」など、ネガティブな理由を前面に出すのは危険です。また、「全く昇給しない。」など、待遇面での不満を述べることも減点評価につながりやすいので述べない方が良いでしょう。なぜなら理由は2つあり、1つ目は『応募先の企業でも不満な点が出てきたらまた退職されてしまうのではないか。』と疑念を持たれる可能性があること。2つ目は『入社しても扱いづらい人ではないか。』と感じ取られてしまうかもしれないからです。

転職を決断する理由には必ず不満はついてくるものだと人事担当者もわかっているので、転職理由を述べる際はあくまでもポジティブに、前職でチャレンジできなかったことをチャレンジしていきたいという前向きなビジョンを語るようにしましょう。

それでは、実際に活用できるモデルトークを見ていきましょう。

会社の経営不振から転職を決断した

回答例

「会社の経営が悪化し、転職をする人が近年増えてきました。その中で退職者の業務がのしかかってきたため、本来あるべきはずのお客様第一の営業活動やフォローアップができず、業務をこなす方向にいきつつある環境に不安を感じたため転職を決意しました。自分自身改善してみようと努力はしましたが、内部との連携にも少し乱れが出てきており、チームを指揮する立場にあっただけに反省点もあります。これらの反省をしっかりと生かしたうえで、改めてお客様第一の営業活動に取り組み、なおかつ内部連携もしっかりと図っていけるよう貢献できればと考えております。」

ポイント

経営不振を主観的に捉え、自らの目標を付加すること!

「経営不振に陥ったから退職を決意した」だけだと、逃げの理由が主体的なっている転職に思われがちになります。決して業績悪化を他人事にせず、自分自身努力した改善策や反省を述べたうえで、「それでもどうすることもできなった。だから転職先ではこの反省をしっかりと生かして貢献していきたい。」という思いを語るようにしましょう。

そうすることで、同僚と一緒に会社を成長させていきたいという思いが伝わり、真摯な姿勢で仕事に取り組んでいきたいという意思が面接官に伝わるはずです。

よりよい待遇のもとで働きたいから

回答例

「これまで培ったスキルを生かして、長期にわたって勤めたいと思ったから転職を決意しました。前職では部署移動も頻繁にあり、身についたスキルを十分に生かしきれないまま部署が変わるということも多々あり、その度に評価体制も変動するためなかなかモチベーションを保ち続けることが難しかったという事実もあります。身についたスキルをしっかりと専任で活かせるような職場環境で、御社に欠かせない人材になれたらという思いでいます。」

ポイント

待遇の問題を挙げても締めは前向きに!

幅広い業務を経験させるという企業は意外にも多く、頻繁に部署異動があり、「せっかくスキルが身についたのにまた部署異動か…。」と悩む人も結構います。どのため、このような形態に疑問に感じたから転職を決意した。という理由を説明するだけでは説得力がありません。また、「自分のことだけを考える人だな。」とあまりいい印象を与えることもできないので、問題点だけを述べることはNGです。上記のように、点ショック先では可能になるような目標を述べることで、転職理由が一気に前向きになりますので、最終的には“前向きな転職”ということを印象づけるような話の持っていき方にシフトしましょう。

より専門性の高い職場でキャリアアップを図りたいと思ったから

回答例

「現職では総務・経理全般を担当していましたが、昨年から経理業務は別の管轄で行うことになりました。ちょうど簿記の1級を取得した子ばかりでもあったので、試算表作成や決算など、資格を生かしたより専門性の高い業務に携われるような職場で貢献していきたいという思いから転職を決意しました。」

ポイント

現職ではステップアップはできないことを説得力を持たせて説明する!

転職理由でよく語られるのは「キャリアアップ」という言葉です。転職サイトや転職エージェントも、「キャリアアップをサポート」という言葉も多く使用しているせいか、面接の場でキャリアアップという言葉を使用する人が非常に多くなりました。

一見前向きな言葉に見える“キャリアアップ”ですが、そのキャリアアップも実にふんわりとしている内容が多く、「今の職でキャリアアップが十分可能なのではないか。」と面接官に思われる人も多くいます。また、同様に「やりがいのある仕事をしたいと思ったから」など、ざっくりした転職理由もそれだけでは説得力を持ちません。

「自分ができる努力はしたものの、会社の事情で希望や目標を叶えることができなかった。だから転職を決意した。」という状況をしっかりと説明したうえで、「よりキャリアアップが実現できそうな企業に転職したいと思った。」という意思を伝えるようにしましょう。

まとめ

応募先で実現できそうな目標をクローズアアップしたうえで、退職理由と結びつけて前向きな話をすることがポイントです。現職(前職)ではどうしても叶えることができなかった目標を理由に挙げることで、より説得力が増す退職理由・転職理由を話すことができ、面接官の印象にも残るでしょう。

その他の面接対策もチェックする

-面接対策

© 2021 年収アップを叶える転職活動