面接対策

転職面接の回答例文⑪「何か質問はありますか?」

できれば2つくらいは質問を考えておくこと!

面接の最後には、「何か質問はありますか?」と聞かれる場合が多いです。面接途中に聞き漏らしたことであれば、確認できるチャンスではあるのですが、事前にいくつか質問を用意しておかないと、「何もありません。」という形で終了してしまいます。

最後までインパクトを残すために、あなただけができる質問をあらかじめ用意しておきましょう。
ただし、面接の時間を台無しにしてしまうような質問もありますので、こちらに関しても解説していきます。

それでは、実際に転職面接で活用できる回答例を見ていきましょう。

選考結果について質問したい場合

回答例

「今回の面接で、御社の業務内容などについてはおおむね理解することができました。ありがとうございます。そのうえで、改めて私自身ぜひ御社で働かせていただきたいという思いになりました。本日の結果が分かる時期や選考過程についてご説明いただくことは可能でしょうか?」

ポイント

質問をしながら熱意も最後にアピール

上記の回答例では質問をしながらも、「入社に対する熱意」を再度アピールしていることがポイントです。ただし、業務内容などを理解したうえで上記の質問をするのはOKですが、まだ応募先の企業についてわからないことがある場合は、分からないことを質問するのを優先し、その流れで結果はいつになりそうかを確認するようにしましょう。

また、結果が分かるのは1週間後になるかもしれないし、1ヶ月近くかかってしまう場合もあります。不採用の場合、待っている期間は非常に無駄なものになります。転職活動の妨げにならないためにも、いつ頃結果が分かり、そのあとの採用スケジュールはどうなっているのかは必ず聞いておくべきです。

もし転職エージェントを利用している場合は、エージェントから結果を知らされることになります。もし聞く自信がないようでしたら、エージェントにいつ結果を知らされるのかを必ず確認しましょう。

業務に関する質問が思い浮かばない場合

回答例

「参考までに、転職で入社された方は何人ほどいらっしゃいますでしょうか?また、私と同じように全くの異分野から転職された方はいらっしゃいますか?」

ポイント

自分と同じ境遇の人がどれくらい活躍しているかを確認!

職務内容などは面接の中で聞くべきですが、「自分と同じ中途組はどのくらいいるか?」などの確認事項はもちろんしても大丈夫です。
ひょっとすると、中途入社の人はすぐ辞めてしまう傾向にあるかもしれないし、中途から入社して経営管理職として活躍している人も中に入るかもしれません。上記の回答例のような質問も、企業を最終的に選ぶ際には重要な要素となってきます。そこで、「中途入社は年に20人ほどで、異業種から転職した方でも営業部の部長を務めている者もいます。」など、前向きな返事を聞くことができれば、安心してその応募先企業を選ぶことができるきっかけにもなるでしょう。

職場の見学をしたい場合

回答例

「今回の面接を通して、ぜひ御社で働きたいという思いがより一層強くなりました。もし可能であれば、御社の社内を少しだけ見学させていただけないでしょうか?」

ポイント

あくまでも控えめにお願いすること

応募先の企業がブラックかどうか、また職場の雰囲気は明るいか、働いている人の雰囲気と自分自身が合いそうかということは面接の場だけでは判断することができません。ですので、可能であれば職場見学をお願いしたほうが良いです。
ただし、強引な雰囲気を出してしまうと失礼にも感じ取られてしまうので注意が必要です。

まとめ

今回はどのようなシーンでも使えそうな質問内容を3つあげさせていただきました。本来であれば、このような質問に加えて応募した企業だけの質問内容を考えておくことがベターです。ただし、面接の中で出た答えを再度確認をしたりすることは避けましょう。

以下では、面接の終盤に繰り出すと印象を悪くする質問もいくつかあげさせていただきますので、参考にしてみてください。

NG質問


  • 商品やサービスのターゲットについて教えてください。(事前の準備不足)
  • 御社の企業理念は何ですか?(事前の準備不足)
  • スキルアップできる環境でしょうか?(他人任せ)
  • 残業はありますか?(熱意の欠如)

転職活動の準備に関する記事一覧

転職お役立ちコラム 転職活動の準備

2020/9/26

初めて転職するITエンジニアが年収増加のためにできる転職活動方法

転職を考えているけど、どこも激務ではないだろうか…? ITエンジニアの転職活動では、このような不安から二の足を踏んでしまう人が多いようです。 しかし、「このままこの会社に居続けることに不安しかない。」、「転職をしたいけど方法が分からない。」と現在の状況に不安を覚えて転職を検討している人がここ近年非常に増加しています。   コロナ禍でも多いITの求人数 近年の人工知能(AI)の注目により、IT企業への発注も増加し、求人需要も高まっています。また、コロナ禍でもIT・Web業界の求人数はそんなに落ち込 ...

ReadMore

転職お役立ちコラム 転職活動の準備

2020/1/21

転職活動は在籍中?辞めてからの方がスムーズに転職できるケースも

  転職活動は「在職中」か「辞めてから」どちらが有利か? 転職活動を意識する人は、在職中の方が大半だと思います。在職中の転職活動となると、かなりの労力が必要になってきます。基本は在職中にしたほうがよいケースが多いです。先に退職をして面接官を納得させることができないと、採用をしても辞められないか不安になり選考に不利になる場合があります。 ただし、現在の勤務形態ではなかなか転職活動に時間を取ることができない方や、現在の精神状態で冷静な転職活動の判断をすることができない方もいるかと思います。 そこで、 ...

ReadMore

転職活動の準備

2018/11/20

転職活動に不可欠な企業の情報収集

求人広告の情報だけで判断するのは危険 新卒向けのリクルートサイトが充実している企業は増えてはきていますが、中途採用となると情報量が少なくなってしまうことも転職活動と新卒の就職活動の違いのひとつ。 転職活動で企業を選ぶ選択肢としては、ハローワークへ出向いて求人情報を頼りに応募先を決めるというケースがまだ大半を占めています。 しかし、そこから得られる情報も担当者の知見と求人情報のみというわずかな情報量です。 また、最近では企業独自で職種の名前を定めたりしているところも増えてきているため、具体的にどのような業務 ...

ReadMore

自分に合う求人を探す 転職お役立ちコラム 転職活動の準備

2019/5/13

自己分析にも役立つ「転職力診断ツール」

転職サイト@type[アット・タイプ]の診断ツールが自己分析に利用できて便利! 関東の求人に強みを持っている【type転職エージェント】としても知名度が高い転職サポート会社ですが、同社が運営している転職サイト、「転職サイト@type」は、「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」に次ぐ大手の転職サイトとして、10万人以上の人に利用されています。 今のあなたの実力からどれだけ年収を上げることができるか、今から動き出すと何社ぐらいからオファーがもらえるかなど、独自のシステムによって開発された「@type転職力診断 ...

ReadMore

転職活動の準備

2018/11/3

STEP.3 具体的エピソードを交えて整理する

STEP2で見つけた自分の傾向や強みを整理するために、3つのポイントを押さえながら具体的なエピソードを交えて、「大切にしていること」と「具体的な行動」、そして「成果」をまとめてみましょう。これは、応募書類に記載する「自己PR」にも役立てることができます。 ポイント 大切にしていること、こだわり それを裏付ける具体的なエピソード 得られた学びと成果   たとえば 入社1年目に営業目標を達成できず、悔しい思いをしたことをきっかけに、「必ず目標を達成すること」を自分の目標としている。 営業力を身につけ ...

ReadMore

-面接対策

© 2021 年収アップを叶える転職活動