転職お役立ちコラム

知らないと損をする転職方法のトレンド

いざ転職活動を始めようと思った時、どうやって求人情報を収集しようとしますか?すぐに思い浮かぶのは「転職サイト」、「ハローワーク」などだと思います。

しかし、現在はもっと多くの転職方法があります! いま最も主流な転職方法を知ることで、転職活動を成功に導きましょう。

 

実際にはこんなにある転職活動の方法

現在最も主流とされている転職活動の方法は下記の一覧になります。それぞれの利用方法や特長、メリットデメリットについてお伝えしていきます。

1.手軽に利用できる転職サイト

特に登録も必要なく、自分の希望する条件で求人情報を探し、気になる企業にエントリーをするシステムです。
新卒の時に「リクナビ」や「マイナビ」などの転職サイトを利用した方であれば、内容は大体一緒ですのでイメージがつくと思います。

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットはなんといっても利用の手軽さでしょう。登録することなく求人をチェックできるので、これから本格的に転職活動を始めようかなという方におすすめです。(※登録は必要ありませんが、登録することで公開前の求人をチェックできたり、登録者しか閲覧できない人気企業の求人をチェックしたりすることができます。)

転職サイトのデメリット

転職サイトのデメリットとしては、「応募する企業絵のエントリー」、「応募書類の作成」、「面接対策」などすべて一人で行わなければいけません。また、登録しなくても利用することできるという手軽さから利用者は大勢いますので、1つの求人に対しての応募者も多くなります。そうなると、もしあなたが応募した場合、たくさんのライバルに勝ち抜く必要があります。

代表的な転職サイト

2.転職活動をすすめるパートナーになる転職エージェント

近年では転職エージェントを利用した転職活動が主流となっています。転職エージェントとは、登録することであなたに担当のキャリアコンサルタントがついてくれ、希望に沿った求人紹介や書類・面接対策といった至るところまでサポートをしてくれます。転職エージェントは、転職活動が成功した場合、あなたが入社する企業から紹介料を受け取るため、利用料は無料ということも魅力です。

各社中小企業から大手の企業まで求人を保有しているので、幅広い選択肢から応募する企業を決めることができます。

転職エージェントのメリット

  • 転職エージェントのサポート内容は主に
  • 希望に沿った企業の紹介
  • 書類対策(履歴書・職務経歴書)
  • 面接対策
  • 場合によっては面接の同行もしてくれます。
  • 入社日調整
  • 給与交渉
  • 現職場での退職サポート

などがあります。転職活動を効率的に進めたい人には絶対におすすめです。このほかにも、エージェント各社で「好条件が整っていて人気の企業の非公開求人」というのを保有しています。

転職エージェントのデメリット

転職サイトが「これから転職しようかな」と考えている人に向いているサービスとすれば、転職エージェントは「今すぐ(3か月以内)には本気で転職をしたい」という意思を持った人に向いているサービスです。取り扱っている求人は各社異なるため、非公開求人をフル活用するためにも複数社に登録した方が良いでしょう

また、希望の求人を紹介するために事前に面談を行ったりする必要もあるので、ある程度「次はこういうところで働きたい」という思いを明確にしておく必要があります。

代表的な転職エージェント

3.SNS型転職サイト(ソーシャルリクルーティング)

近年はSNSの普及により、採用手法も大きく変化してきています。その中で、SNSを活用した「ソーシャルリクルーティング」という手法も流行してきています。通常の転職サイトなどのサービスが異なる点として、求職者が企業に「応募する」という一方向のアプローチではなく、企業が求職者に関心を寄せている場合、企業側から「会いたい」という意思表示が送られるといった点です。

SNS型転職サイトのメリット

近年登場したサービスが多いので、登録者も少なめなことからライバルも少ない。また、先進の技術に関心のある企業の利用が多いことから、ITに強い大手などの企業が数多く利用しているのも魅力。また、利用することで自身の期待できる年収やポジションなどの市場価値も把握することができる。最新の技術に触れたい。もしくは先端技術うぇお駆使している企業への転身を考えたい人はぜひ登録するべきでしょう。

SNS型転職サイトのデメリット

facebookなどのSNSを利用したことがない。新しい転職活動の方法にはなかなか抵抗があるという方は、転職エージェントなどサポートをしっかりと受けることができるサービスを利用した方が良いでしょう。

代表的なSNS型転職サイト

4.ハローワーク

公的な期間での転職活動はいまだに根強い人気です。取り扱いは地元に密着した中小企業の取り扱いが多く、「地元に密着した企業へ転職したい。」という方にとってはおすすめですのでぜひ一度各地方のハローワークに足を運んでもみてはいかがでしょうか?

ハローワークのメリット

転職エージェントのような手厚いサービスは受けることはできませんが、相談窓口が設置されており、求人探しや書類作成のアドバイスを受けることができます。また、就職関連のイベントやセミナーも開催しているので、これまで知らなかった地方の優良企業と出会える確率は高いです。

ハローワークのデメリット

企業は基本的に申請すれば利用できるため、求人のかなにはブラック企業が紛れ込んでいることもあります。また、ハローワーク自体は平日のみしか稼働していないので、空いた時間を見つけて行く必要が出てきます。

 

転職成功者が利用している方法は?

1版多く利用されているのはハローワークです。ですが、キャリアアップや年収アップを目的とした20代から40代の方の転職活動の方法で支持されているのは「転職サイト+転職エージェント」です。
最近では働き方改革が叫ばれるようになり、ブラック企業は避けたい。できるだけ自分の希望の勤務形態に沿った企業へ転職したいという思いが強くなっているからこそ、求人を吟味して、転職のプロからサポートを受けるという手法が確立されつつあるかもしれません。それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、「この方法であれば自分の思いを叶える転職ができそうだ。」というサービスを選択して納得のいく転職活動を実現させましょう。

 

RECOMMEND

転職エージェント・転職サイトの評判

2020/1/8  

転職準備が整ったら転職サイト・転職エージェントへの登録を開始します。希望の職種や、希望勤務地、業種などの条件やエージェントからの情報をもとに求人を探しましょう。それぞれのエージェントや転職サイトを利用 ...

20代に人気・おすすめの転職エージェント

2018/12/31  

新卒の時に叶わなかった大企業への転職も!? 20代の転職といえば、まだまだキャリアを積み上げることができることから、上手に転職活動を行えば、大企業へ転職できるチャンスもあります。 そのためには、大企業 ...

30代に人気・おすすめの転職エージェント

2018/12/31  

企業で募集している求人枠が多い年代が30代! 30代はこれまでの社会人経験から得た能力やスキルを、即戦力となって発揮してくれることを期待されます。そのため、30代経験者を積極採用している企業が多く転職 ...

40代に人気・おすすめの転職エージェント

2018/12/7  

  近年40代の転職者は大幅に伸びている かつては、40歳を超えると転職は厳しいと言われてきましたが、近年は40代の転職者は急増しており、ミドルクラスの対象を中心にしたエージェントサービスも ...

 

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動