転職お役立ちコラム

転職後すぐに辞めたくなった方必見!入社直後に転職活動をする方法

"間違った”と1ヶ月以内に感じると、長く続けることは困難


「入社して間もないけれど、転職しても大丈夫?」、「1年は我慢して続けるべき?」と悩んでいる人が多いようです。実際にエージェントとして転職者のサポートをしていた時も、このような相談は後を絶つことがありませんでした。

「入社して1ヶ月以内にだめだと感じると、いずれ辞める可能性が非常に大きい」ということは確実に言えます。
今見切って新たな転職先を探すのか、それともいずれ辞めることを考えながら日々ストレスと向き合うか。
私であれば前者を選択します。ましてや、今はどの企業も人材不足に悩まされており、転職活動をするには絶好の機会だからです。

また、いずれ辞めるだろうと思っている会社に、もやもやした気持ちで働き続けて1年後に退職したとして、1年のキャリア形成はあなたにとって価値のあるものにならない可能性が大きいからです。
それであれば早々に見切って新たな環境で1年でも早く、そして長くキャリア形成できるような職場を探すべきです。

短い期間に転職を決意した人は慎重に

先ほども述べたように、今は転職活動の絶好の機会です。しかし、短い期間での転職→退職が何度も続いてしまうと、マイナスの印象を与えることは必至です。
2回目の転職活動は必ず成功するために、失敗の要因を排除しながら転職活動をする必要があります。そのためにも、失敗したと思う理由をしっかりと洗い出してみましょう。

失敗したと思う要因を洗い出す

では、どうしてこの転職活動を失敗したと感じているのか、次に失敗しないためにも、原因を洗い出してみましょう。

会社選びを失敗したと思う原因

  • 仕事内容が想像以上にハードだった
  • 社内に気の合う人がいなかった
  • 毎日残業ばかりで気が休まらなかった
  • 残業代が一切もらえなかった
  • 社風になじむことができなかった
  • 前職では転職したい気持ちが先走り、よく考えることなく採用試験を受けた

など、理由は一人ひとりにたくさんあると思います。これらを洗い出すことで、同じような失敗は防ぐことができます。

また、次の転職先の候補では、何を重要視したいかをイメージしておくことが大切です。上記を例に挙げるとすると、

重視したいこと

  • やりたいことがしっかりとできる
  • 社内の雰囲気が明るい職場がいい
  • 残業は避けたい
  • 残業してもよいが、残業代はもらいたい

これらをしっかりと考え、自分の中の基準を明確にして転職活動をスタートさせましょう。

求人チェックの方法を見直す

「転職に失敗したと思う理由」、「重視したい項目」を洗い出し終わったら、入念な求人チェックを行います。その前に、今回の転職活動であなたが行った方法は何ですか?
転職サイトで調べて自ら応募した。」、「ハローワークで紹介してもらった。」、「転職エージェントに紹介されるまま採用試験を受けた。
いくつかの方法があると思いますが、次の転職活動では転職のプロに相談して進めることをおすすめします。

期間の短い転職をする場合、一人で進めないこと

「今回も転職エージェントを利用したのだけど…」と思う人もいるでしょう。エージェントの中には、自分の売り上げを確保したいがために強引に受けさせようとする人がいるのも事実です。そのためにも、転職エージェントの活用方法をしっかりと理解して転職活動をすることが大切です。

転職エージェントを活用するメリット

転職してから間もない転職活動では、面接で必ず「なぜこのような短い期間で転職をしようと思ったのですか?」と聞かれます。
その関門を突破するには、面接官が納得のいく「転職理由」を答えなければいけません。「思っていたところと違ったので。」、「気の合う人がいなくて苦痛だったので。」とマイナスなことを話してしまうと、不採用にされる可能性も大きいです。

それに対して転職エージェントを利用すると、まず応募しようと思った企業へ、あなたの職務経歴書をもとに、あなたをアピールする営業を行ってくれます。そこで今あなたが転職しようと思った理由を第3者目線で伝えてくれるので、書類だけで判断されるということがないということも安心できる要素です。
そして面接まで進むことができたなら、短期間のうちに転職をしようと思った経緯に共感してくれたと思って問題ないでしょう。

もし1人で応募すると、あなたが抱える思いや悩みを伝えてくれる人もいないので、まずは書類だけであなたを判断されてしまいます。

このほかにも、エージェントを利用するメリットとして、「面接で伝えるべき転職理由のアドバイスをもらえる」ことや、「応募前に会社の内情などについて教えてくれる。」というメリットもあります。

転職エージェントを利用するメリット

  • 書類審査の段階で、あなたのアピールを行ってくれる。
    (この人は転職して間もないのですが、●●の事情で転職を考えています。ですが責任感や実績は保証しますので、ぜひ面接をしていただけませんか?など。)
  • 面接で伝えるべき転職理由のアドバイスをもらえる
  • 応募前に会社の内情などについて教えてくれる

転職エージェントを利用するときに気をつけたいこと

ただし、こちらから担当者を指定することもできないので、以下のような傾向が見られた場合は、転職活動を成功させるためにも、担当変更希望の旨を伝えましょう。変更希望は担当者ではなく、会社に言えば対応してくれます。

  • 受けたいと心から思えない段階で強引に試験を受けさせようとする。
  • 応募したい企業についての情報をあまり持っていない。
  • 伝えるべき転職理由についてのアドバイスが不明確

以前転職まで至ったエージェントはもう使わないこと

転職エージェントは無料で利用することができます。というのも、実際に内定された場合に、あなたの年収の数十パーセントを紹介料として企業が支払うためです。
ですが、もし転職エージェントを介して転職した場合、約1年以内に辞めてしまうと、“転職エージェント側”が企業に違約金を支払わなければいけません。

そのため、転職エージェントを利用して転職したものの早期に転職を考えている場合は、同じエージェントを使うのを避けるほうが良いでしょう。

また、新たに別のエージェントを利用するときも、「また気に入らなかったらすぐに辞めてしまうのではないか。」と懸念されないためにも、まずは以前転職を成功したエージェントをのぞく複数社(できれば3社ほど)に登録をすることをおすすめします。

また、利用の際には「今回は一定期間で退職しない。そのためにもしっかりと企業の情報を集め、納得したうえで応募したい」という意思を伝えるようにしましょう。

登録したい転職エージェントランキング

転職エージェントは「求人数が豊富」なものから「サポートが手厚い」ものまでそれぞれの会社で強みが変わってきます。ここでは、確たるリサーチのもとNPSベンチマーク調査でランキング上位に入ったエージェントを4つご紹介します。


『リクルートエージェント』は、2018年の満足度調査で1位に君臨した業界最大手のエージェントです。1度転職エージェントを活用した人は、利用したことがある人も多いのではないでしょうか?特長としては、「業界最大級の非公開求人数」や「模擬面接専任のスタッフが在籍」など、転職に関するサポートもかなり手厚いです。また、書類作成時には転職理由などに関してもアドバイスしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

ただし、求人数が多いだけあって希望としない職を紹介される場合もあります。このことを防ぐためにも面談時に重要視したい項目をしっかりと伝えるようにしましょう。

『マイナビエージェント』は、全国区にもちろん対応していますが、関東・関西エリアの大手求人も網羅している人気のエージェントです。また、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接はもちろんのこと、都合に合わせて相談をしてもらえることも魅力です。特に、「後悔のない選択」を根底にしたサービスを提供しているため、希望にあった求人でない限り、無理に試験を受けさせることがないということも好評です。

『dodaエージェントサービス』の最大の魅力は、サポート力です。履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向など、あなたの優れた特性を推薦状として企業にアピールしてくれます。特に入社直後の転職活動では退職理由が重視されるので、書類だけで判断されてしまうと、必ずと言っていいほど不利になります。そこで、エージェントからの推薦や、納得のいく転職理由を間に立って企業に説明してくれることで、選考通過を後押ししてくれます。


各業界・職種別のチーム体制を取っているので、次に転職したい職種が明確になっている場合、おすすめできるエージェントです。全業種の求人を網羅していますが、特に

  • IT・通信・インターネット
  • メーカー(機械・電気・電子)
  • 医療・福祉医療
  • 営業

は特に強いと評判です。

ただし、これらの人気エージェントでも利用の際に「入社してまもないけれど転職活動をしようと思う理由」が明確に説明できないと、「またすぐにやめて違約金が発生してしまうのではないか」というリスクを感じ取られ、利用できない場合もあります。
ですので、利用の際には、「次は長期勤務の意思」をしっかりと伝えるようにしましょう。

まとめ

入社して直後の転職活動は、なかなか難しいものになりますが、一人で転職活動を行うよりも転職エージェントというパートナーを味方につけて、少しでも有利に、そして迅速に次の職場にチェンジできるような体制づくりをすることが重要です。
ただし、記事中でもお伝えした点に気をつけながら転職活動を行わないと、失敗を繰り返す恐れがあるので注意が必要です。

「辛いな」、「しんどいな」という苦しい気持ちを抱えたまま働かずに、少しでもあなたのキャリアが豊かになるような選択をするべきです。

今回紹介した転職エージェント以外にも有名どころはいくつもありますので、気になる場合は集約した口コミや評判を下記からチェックすることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの口コミ

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動