転職お役立ちコラム

オンライン面接をマスターすることが転職採用されるための鍵になる!

新型コロナウイルス感染症の感染防止策により、転職の場ではオンライン面接を導入している企業がかなり増加しています。
最も多いケースは1次面接、2次面接はオンラインで実施して、最終面接は直接対面で面接を行うという方法です。

今後新型コロナウイルス感染症が終息に向かったとしても、オンライン面接を実施するという選択肢はなくならないでしょう。

オンライン面接に備えるべき理由と予めインストールしておいた方が良いツールをご紹介します。

 

PR

 

オンライン面接に備えるべき理由

 

オンライン面接は、Zoomやwebexなどのアプリケーションを通して行われます。一昔前は、wordやExcelは使用できますか?という質問でITリテラシーを測っていましたが、現在はそれらのツールを使えることは大前提で、それ以外にも様々なツールに触れていることが社会人としてのITリテラシーを測る新しい常識になりつつあります。

仮にあなたが面接官で「オンライン面接ツール」に不慣れな人と、問題なく操作できている人を面接したとき、どちらを採用したくなりますか?
これらのツールを「使ったことがないから操作に時間がかかる」ということが面接官に気づかれてしまったら、不採用になる可能性も十分にあり得るのです。

 

オンライン面接で誤解されやすいポイント

 

暗い人と思われやすい

オンライン面接ではモニターを見ればよいか、カメラを見て話すべきか戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

モニターで相手の顔を見て話しているつもりでも、相手からするとうつむき加減で話されていると感じられてしまします。

つまり、あなたが普段人の顔を見て話す人であったとしても、オンラインでは顔を見て話していると思われないのです。そのため、オンライン面接ではモニターではなくカメラを見て受け答えするようにしましょう。

 

熱意が伝わりづらい

対面とオンラインで同じ志望動機を語ったとき、対面の方が好印象を抱かれやすい傾向にあります。なぜなら、オンラインでは目の輝きや表情、声のボリュームなどが正確に相手に伝わりづらいからです。

そのため、オンライン面接ではいつもより少しオーバー気味にリアクションすることが必要です。
また、部屋に音が鳴るものなどがある時も注意が必要です。実際に私がオンライン面接で同席したときにあったのが「時計」、「電話」の音です。音のせいで面接の流れが遮られ、上昇していた気持ちがリセットされてしまう恐れもあります。

 

無言の時間が長く感じる

人は電話の保留音を30秒聞かされた時、1分以上に感じるという風に言われています。これはオンライン面接にも同じようなことが言えて、質問と質問の間に30秒ほど間があったとき、30秒以上(1分くらい)に感じることでしょう。この気まずい空気に耐えられず、伝えたいことを忘れてテンパってしまう可能性があります。

 

オンライン面接を行うときのポイント・裏技

 

話すことは紙に書いて壁に貼る

面接を完璧に進めたいのであれば、「カンペ」を用意して正面の壁に貼りましょう。ポイントは正面の壁に貼ることです。カメラを見て話している風にも見えるので、違和感なくカンペを読むことができます。

 

資料の画面共有に慣れておく

オンライン面接ではあなたが手掛けた仕事の資料や、クリエイティブ関係の場合はポートフォリオの提出を求められることがあります。この時にてこずってしまうと、上述したようにITリテラシーがない人と思われてしまったり、あなた自身も焦りからうまい回答を導きケ出せなくなることもあります。事前にどのツールで面接があるかを確認して、資料の画面共有などの方法をしっかりと身に着けておくことが大切です。

 

オンライン面接でよく使用されるツール

どんな形式のオンライン面接にも対応できるように、代表的なツールはあらかじめダウンロードしておきましょう。

 

1. Zoom

コロナ禍で最もユーザー数を伸ばしたツール。使いやすいと評される一方で、セキュリティ面の甘さが問題になっていましたが、改善の傾向が見られます。そのため、導入している企業も多く、まずはZoomを触ってみることでWeb面接の方法に慣れておくとよいかもしれません。

 

2. Webex

 

企業でよく使用されているツールです。そのため、Web面接でも活用している会社も多く、アプリケーションのダウンロードは事前に行っておいた方がよいでしょう。

 

3. Google Meet

 

Googleが提供する無料のテキスト・ビデオチャットサービスです。Googleのアカウントを持っていれば誰でも利用できるサービスのため、多くの企業が会議や面接の中で利用しています。また、Web面接に参加する際は送られてきたURLにアクセスすればよいので、簡単にできることも特徴です。

 

このほかにも

  • Microsoft Teams
  • Skype
  • Stream Yard
  • Calling
  • HARUTAKA
  • FacePeer
  • V-CUBE
  • BioGraph
  • connect live

 

など、様々なツールが存在します。ただし機能的には大きく変わることはないので、まずは上記で紹介した3つを必要に応じてインストールし、操作方法だけでも予習するようにするとよいでしょう。

 

オンライン面接のメリットを最大限に生かそう

 

オンライン面接は基本的に自宅で行うので、移動なども気にしなくてよくなります。そのため、気になる企業へ積極的にアプローチしてみるとよいでしょう。
ただし、今は有効求人倍率が下降傾向にあるにも関わらず、転職希望者は増加傾向にあります。つまり、ライバルがいつもより多いということになります。
中途採用の枠ははじめから少ないので、ライバルたちよりも良い印象を与える必要があります。

応募書類の作成や面接で話すことを入念に準備することはもちろんですが、まずはツールをスマートに使えることを当然のようにアピールして、他のライバルたちと差をつけましょう!



-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動