自分に合う求人を探す 転職お役立ちコラム

複数の転職エージェントを上手に使い分けられていますか?

エージェント登録後、放置してしまっているのはもったいない

よく「転職エージェントに登録はしてみたものの、都度更新される求人を眺めるだけになってしまっています。」というような相談を受けます。
今すぐ転職をするつもりがないのであれば、それでも情報収集ということで意味はあるのかもしれませんが、数多い求人の中からどこへ応募してよいかわからなくなっていませんか?

そんな時は、今一度あなた自身が優先したい項目を書き出して順位づけしてみましょう。

優先したい事項を順位づけする

  • 年収
  • 職場環境
  • 職務内容
  • 企業の成長性
  • 企業の安定性

これらを書き出して順位づけをすると、おのずと「この企業だけは絶対にない」という考えが出てくると思います。ここまで絞ることができたら、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。
事前のカウンセリングであなたが経験してきた職務内容や持っているスキルを客観的に見て、あなたに合っていたり、希望に則した企業の選定を行ってくれます。

とりあえず複数のエージェントに登録だけはしたけれど…

「とりあえず複数のエージェントに登録はしたのですが…。」という相談も非常に多いです。複数のエージェントに登録することは転職活動を進めるうえでも正しいやり方です。なぜなら、各エージェントで取り扱っている求人も大きく異なるほか、同じ求人を取り扱っていたとしてもA社よりB社のほうが提示条件がいいということもあるからです。また、エージェントとの相性も転職活動を進めるうえでは非常に大切な要素となるため、1つのエージェントにだけ登録をして転職活動を進めようとすると、思うようにいかない場合もあります。利用料は無料なので、気兼ねなく利用するべきです。

「複数のエージェントに登録をしたけれど転職活動が進んでいない」と悩んでいる方は、もしかすると登録時のカウンセリングや毎日届くメールを読むだけで疲れきっていませんか?そのような理由で転職活動を停滞させてしまうことは非常にもったいないです。

職務経歴や自己PRはコピペして手間を省く

各エージェントに登録する際、1回1回自己PRなどを手入力していませんか?これでは労力だけがかかり、登録作業だけでやり切った気持ちになってしまいます。各サイトの登録時には、ほぼ100%の確率で自己PRなどを記載する必要があります。登録前にしっかりと自己分析を行い、ワードなどのテキストエディタで保存しておいて、項目をコピペして手間を省きましょう。

自己分析の方法や履歴書・職務経歴書の書き方は下記で解説しています。

転職活動の準備

書類作成対策・面接対策

転職活動専用のアドレスを取得しておく

エージェントや転職サイトに登録をすると、毎日更新される求人情報のメールがたくさん届くようになります。普段から使用しているアドレスを登録すると、たくさん届くメールが非常にうっとうしく感じるようになります。転職活動が成功した後にも届き続けるのを防ぐため、別アドレスで管理することをおすすめします。アドレスはYahoo!メールやGmailなどのフリーアドレスでも大丈夫です。

会社によって得意分野が異なる

転職エージェントの会社やコンサルタントによって得意分野が異なります。また、職務経歴書、履歴書の添削を行ってほしい、面接時にどうアピールしたらいいか知りたいなどの悩みはエージェントに相談すると必ず対応してくれます。複数のエージェントとかかわる中で、気に入ったところを中心に利用していくというやり方でいいでしょう。

これらをまとめると、いずれにせよ1人で転職活動を進めることは絶対によくないです。求人をすべて自分で探したりすることはかなり労力が伴いますし、ライバルはエージェントを利用して書類添削や面接対策を行ったうえで転職試験に挑んでいるので、かなり不利になってしまいます。お気に入りのエージェントを見つけて、転職という人生の転機をぜひ成功させてください。

各転職サイト・エージェントの口コミ

-自分に合う求人を探す, 転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動