40代の転職 転職お役立ちコラム

40歳を超えてリストラ宣告、スムーズかつ好条件で転職するには?

40歳を超えて会社からのクビ宣言、ここから逆転の転職方法は?

人材不足により、中途採用のニーズは高い水準をキープしている今。しかし一方で、40歳以上の人員を対象に早期退職を募っている企業も見受けられます。

そんな場面に直面したとき、どのように転職活動を行えばよいのでしょうか?

よりスムーズに、ひょっとすると現状よりも高待遇で再就職(転職)できるかもしれない、
40歳以上に向けた転職活動の方法をお伝えしていきます。

失業保険は受け取るべき?

会社から解雇されると、すぐに失業保険を受け取ることができます。ですが、一方で次の転職の際に不利になるケースもあります。

転職の面接ではどうして「会社を解雇になったか」を高い確率で聞かれるためです。

このようなシーンに出くわすと、面接官が納得するような答えを用意しておかないと言葉に詰まってしまう可能性もあります。

よって、より良い条件で転職するためには、40歳以上は会社を辞めると決まった段階でどれだけ早く行動に移すことができるかが重要となります。

失業保険はあきらめる方向で、より良い条件で次の会社に入社できるように行動していきましょう。

ハローワークで仕事を探す方法は?

転職活動と言えば、ハローワークで求人票を見ながら求人応募をするとった方法がまず思いつくでしょう。

ですが、ハローワークで募集している求人の多くが、一般社員での募集です。これまでの給与より良い条件での転職を望むのであれば、役職が保証された転職に挑むべきです。

また、ハローワークは平日しか開いていないところがほとんどのため、営業の仕事をしている方など、時間に余裕のある方以外はなかなか難しい選択になるでしょう。

転職支援会社=転職エージェントの選択肢

これまで、転職しようと考えたことがある人は1度は耳にしたことがあると思いますが、転職エージェントを利用するといった選択肢が挙げられます。

中途採用に特化した再就職支援を行ってくれる会社で、転職時に必要な書類の書き方や面接対策のほか、希望に応じた企業の提案を行ってくれます。

また、あなたの良さをエージェント自身が企業に売り込んでくれるため、解雇された感を薄めることもできます。

さらには、採用が色濃くなってくると、年収アップに向けた賃金交渉も代行して行ってくれるので現職よりも年収が上がったという人が多いのも魅力の一つです。

社会人のベテランこそ書類・面接対策に力を入れたい

勤務経験が長ければ長いほど、今の会社(解雇となった会社)への固定概念が強くなっている人が多く、面接でも「今の会社ではこうだったから…」などと、これまでのスキルを語るつもりが、現職への執着心が顕著に出てしまうことがあります。

転職エージェントを利用して面接対策をしてもらうことで、客観的なアドバイスをもらうことができるので、社会人としては一定の経験がある方でも面接練習は受けておいた方が良いでしょう。

40歳以上の転職サポートにも強いエージェント

多くの転職エージェントは20代後半~30代を対象とした求人を中心に取り扱っていますが、
ミドル層(40代)の転職サポートに強みを持っている転職エージェントも存在します。
自身の希望にマッチする転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

高待遇を目指したい方へおすすめのエージェント一覧

英語力を活かすことができる仕事や、今までの年収が600万円以上の方向けなど、これまでよりさらなるキャリアアップを狙えるエージェント一覧です。クビ宣言が逆にチャンスとなる可能性が十分にあります。


 

好条件を求める方向けのエージェント

 

40代以上の求人も豊富に取り扱っているエージェント

全国的に豊富な求人を取り扱っているので、希望の職を紹介してもらいやすいおすすめのエージェントです。まずは、この表にあるエージェントに相談してみることをおすすめします。

 

マイナビエージェント リクルートエージェント JACリクルートメント
強み 求人数が豊富 求人数日本一 外資にも強い
求人数
非公開求人

 

dodaエージェントサービス パソナキャリア
強み サポート力に定評 業種毎でコンサルタント在籍
求人数
非公開求人

 

-40代の転職, 転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動