面接対策

見た目で中身が判断される!

転職面接時のスーツと持ち物に気をつけよう

新卒の面接では、「リクルートスーツ」が一般的で、服装はみなほぼ統一ですが、転職面接ではそれぞれのスーツや持ち物も個性と捉えられることが一般的です。その分、見た目での印象が左右されてしまいがちで、意外にここで悩んでしまう人も多いです。

採用担当者からよく聞く話では、現職で出勤している服装通り、シャツとチノパンのようなラフな服装で面接に来ると、「試験の場という空気が読めないのか」など、近年は服装にこだわらない企業が多くある中でもやはり服装は合否を決める重要な要素として今も文化が残っていることは否めません。また、ノーネクタイ文化が広まってきてはいますが、サポートしてきた求職者の中には「なぜネクタイはしないのか」と非難めいた質問をされたこともあったので、面接時のネクタイは必須です。

常識の範囲内で個性を出していこう

スーツやバッグなどはある程度自由で、もし普段がスーツで出勤している場合は迷うことはないと思いますが、あまりスーツを着る機会がない人は、転職試験の機会に1着は持っておいたほうが無難です。柄や色などに関してあまりにも派手すぎるのはNGですが、一般的なものであれば特にこだわる必要はありません。

面接時のファッションと持ち物例

  • ●バッグ
    手ぶらはNG。また、リュックで面接に伺うこともNGです。ビジネスバッグでなければいけないということはありませんが、手提げのバッグで伺いましょう。
    ●手元
    手元は面接時の身振り手振りで何気に目が行きます、。伸びた爪やネイルなどは目立ちやすいので、悪印象になることも。
  • ●顔
    ヒゲは面接官次第でNGと受け取られる場合が多いです。剃っていくのが無難。また、女性の場合メイクはナチュラルに。特にアイメイクが濃いなどは印象を悪くすることがあります。
    ●スーツ
    黒、グレー、ネイビーに白のワイシャツが一般的です。派手なネクタイや白の靴下はあまりいい印象を受けないという声もあるので避けましょう。

面接時の持ち物

・応募書類(履歴書、職務経歴書)

・手帳またはノート

・筆記用具、印鑑

 

ちなみに、僕はいつもスーツはここで作っています。オーダーなのにリーズナブルで、サイズもジャストでデザイン・生地も安っぽくないのでオススメです。


-面接対策

© 2021 年収アップを叶える転職活動