転職活動の準備

転職活動に不可欠な企業の情報収集

求人広告の情報だけで判断するのは危険

新卒向けのリクルートサイトが充実している企業は増えてはきていますが、中途採用となると情報量が少なくなってしまうことも転職活動と新卒の就職活動の違いのひとつ。

転職活動で企業を選ぶ選択肢としては、ハローワークへ出向いて求人情報を頼りに応募先を決めるというケースがまだ大半を占めています。

しかし、そこから得られる情報も担当者の知見と求人情報のみというわずかな情報量です。

また、最近では企業独自で職種の名前を定めたりしているところも増えてきているため、具体的にどのような業務をするのかということもハローワークの人自体把握していないと思われるような状況に出くわすといった意見が多くあります。

そのため、一応気になって採用試験を受けて受かったから入社してみたものの、「思っていたところと全く違った。」といって相談に来る人があとを絶ちませんでした。

入社してまもない転職は不利に働くことが多い

転職エージェントの動きとしては、登録者が気になっている企業にまず登録者の履歴書を持っていき、登録者のアピールをすることから始めます。そこで人事担当者がもっとも気にする点は、「入社してまもない転職」です。

近年は終身雇用を意識している人自体少ないため、転職回数が多い人も見受けられます。ただし、「転職回数が多いからダメな人」と思う人事担当者は意外に少なく、それよりも「入社してまもないのに転職をしようとしている人」が一番敬遠されます。

転職回数が多くても会社でそれなりに実績を残していれば、経験豊富な人として評価されますが、
入社してまもないのに転職をしようとしている人だと、「会社風土や職場環境が合わないから転職しようとしているのかな。うちも合わないと感じられたらすぐ辞められてしまうリスクがある。」と面接に至る前にマイナスな印象を与えてしまいがちになってしまいます。

なので、早期退職は大切な履歴に傷がつく可能性が非常に大きいのです。

注意ポイント

早期退職した経歴は履歴書に書きたくないという人がいますが、これをするといずれは会社にバレるので絶対にやめたほうがいいです。

 

スピード勝負の転職活動の中でもしっかりとした情報収拾を

上記のように早期退職を防ぎ、いずれ転職活動をする際にも履歴に傷をつけないために“事前の情報収拾”はしっかりと行う必要があります。

理想は応募前にじっくりと企業研究をしたうえで応募することが一番ですが、「明日調べれば大丈夫」と思っていると、すぐライバルに席を取られてしまいます。なので、応募後に企業研究をするのでも十分です。

メモ

転職成功者は平均で20社にエントリーしている。応募後の企業研究でも十分に間に合う!

面接の前までに応募先企業のことや関連する業種・職種のことをできる限り調べましょう。これこそが、後悔しない転職活動を叶える重要なポイントになります。

また、会社選びに役立つだけではなく、面接の際のトーク材料や面接官からの評価対象にもなるので、企業の情報収拾は必ず行うべきです。

 

転職成功者が20社ほどエントリーする理由

面接の場は最高の情報収拾の場でもあります。転職を成功する人の傾向として、20社にエントリーして1社だけ面接を受けるのではなく、平均で5社ほど面接に行っています。

エージェントを利用している場合、仕事内容などはエージェントに尋ねてもいいですが、事業内容や業界での評判はいったん自分でも調べた方が良いでしょう。また、集めた情報はエクセルなどのソフトで管理しておくことで、ほかの応募先企業との比較検討にも役立ちます。

情報収集の例

  • 書類や業界紙
    業界での位置付けや規模を調べることができます。
  • インターネットの口コミ掲示板や企業のサイト
    口コミサイトでは、現職社や退職者の声を調べることができます。
  • 法務局
    会社の事業内容や役員の人事構成などを確認できます。面接時に大きなズレがあれば要注意!
  • 人脈
    同業の人や、その会社で働く人を紹介してもらえれば、1番信頼できる情報をキャッチすることができます。
  • 自分自身の目
    何度か夜遅くに通ってみて、まだ電気がガンガンについていれば過酷な労働環境の可能性があります。

これらを駆使しても、実際の職場環境や仕事の雰囲気は、面接官の話を聞いてみないと不明瞭な部分がどうしてもあります。「1社に絞って採用試験を受けたら受かったからよかった。」と安心したところで、いざ入社すると「思っていたところと全然違う!」とミスマッチにならないためにも、不明なことは面接官に聞くようにしましょう。

こうした不安を解消するためにも、できるだけ多くの会社を選択肢にいれながらも、面接にも1社だけでなく数社に伺うような体制を整えておくことが大切です。

 

転職エージェントは情報量が豊富

実際に企業に足を運んで、内情などもしっかりと調べ尽くしている転職エージェントは最近の転職活動方法の主流でもあり、ぜひ活用した方が良いでしょう。ただし、エージェントごとで取り扱っている求人も異なれば、エージェントごとで業種の得意不得意があります。当サイトでも各世代ごとのエージェントランキングや実際に私が同業で働いていた時に聞いた評判、最新の口コミを集めた情報を掲載していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

-転職活動の準備

© 2021 年収アップを叶える転職活動