転職お役立ちコラム

評判の悪い転職エージェントを見極めるコツ

転職エージェントを利用しようと思った時、できるだけ評判の良いところに登録をして転職活動をスムーズに進めたいと思いますよね?では、評判の悪いエージェントとはどういうエージェントなのか、その見極め方をお伝えしたいと思います。

評判の悪さは全て担当者の質

当サイトで紹介している転職エージェントは、一定の実績がある転職エージェントで、保有している求人も優良のものが多い会社です。ですが、どの会社にも悪い口コミというのが存在しており、口コミで悪い評価が出ている要因は、ほとんどが担当者の質や相性からくるものです。

こんな担当者には要注意

 

強引に採用試験を受けるように勧めてくる

もうすでにエージェントを利用した方は、もしかしたらこのように言われているかもしれませんね。「とにかく1社でも受けて転職試験の雰囲気を掴んでみたらいいですよ。」と。

転職エージェントとの面談後には、希望に合いそうな企業をいくつか提案されます。その時に、「エントリーをする」、「少し興味がある」、「全く興味がない」と登録者専用のサイトやアプリでチェックをすることになります。

「エントリーをする」にチェックをすれば、エージェントが面談に向けて動いてくれるのでそれでいいのですが、「少し興味がある」と意志を示した場合に、強引に受けさせようとしてくる場合は少し注意が必要です。

転職エージェント側もビジネスとして転職をサポートしているため、少しでも転職を成功させて自らの評価や売り上げを上げたいという思いが少なからずあるため、採用試験をとにかく受けさせようとするのです。確かに面接の場に慣れるため、練習と割り切って試験を受けるということもやり方としてはありだと思います。

ですが、採用試験を受けて仮に受かった場合、あなたは内定を辞退することができますか?

全く興味がないわけではなく、少し興味があるということで試験を受けているわけですから、もし内定をもらった場合、人間の心理的に辞退しにくいのが普通です。ですので、興味があるというチェック項目があり、興味があれば受けさせてみる方向へ持っていこうとするのです。

ポイント

練習で試験を受けてみようと割り切れない人は、本当に受けたいと思える企業のみにエントリーをすることが納得のいく転職活動への道でありポイントです。

 

内定承諾を急かしてくる

もし、少し興味がある程度で試験を受けて、1次、2次と試験を進めていっても「この会社に入りたい!」という確証が持てないまま最終面接まで行って内定をもらった場合、もしかしたら「早く内定を承諾した方がいい。」と言ってくるエージェントは担当者の中にはいるかもしれません。

それは、早く内定を承諾してもらうことで売り上げを確定させるという目的があるからです。

もし心のどこかで「この企業で本当に大丈夫かな」という思いがあれば、エージェントに辞退の旨を伝えましょう。もし、エージェントとこれまで何度もやり取りをしていて言いづらいということであれば、「会社代表のサポートメールに辞退の伝える」ということもできます。

複数の転職エージェントを活用するメリット

複数の転職エージェントを活用するメリットは、転職エージェントごとに取り扱っている求人が異なったり、同じ求人でもA社では年収380万円に対して、B社では400万円だったということもあるため、少しでも好条件で転職を成功させるためにも複数のエージェントを活用する。ということがおすすめですが、上記でお伝えしたようなビジネス的な要素があることからも、保険として複数の転職エージェントを活用することをおすすめしています。

転職エージェントは活用しても信用しすぎないこと

転職エージェントは、給与の交渉なども行ってくれるため、ハローワークとは違い提示された条件よりも良い形で転職できる可能性が大きくあります。また、エージェントから企業に直接登録者のことをおすすめするので、企業にとっても「この人はできる人なのだな」と試験を進めるにあたっても有利に動く場合が大きいです。ですが、担当者の中には「登録者は商品」という風に割り切っている人も少なからずいます。

確かに登録者がいなければ転職エージェントとしてのビジネスは成り立ちません。ですが、本当に登録者の転職をサポートしたいという意志があれば、少し興味がある程度で強引に試験を受けさせようとはしません。

私がエージェントとして働いていた時は、「今の会社を辞めれればどこでもいい。」など、
より良い職場で働きたい気持ちを失っていないかを見極めてから試験を受けるようにすすめていました。

「とにかく今の会社でなければどこでもいい」という気持ちが強すぎると、転職先の職場でも同じような環境に遭遇した場合、すぐに辞めることを考えて辛い思いをするのは登録者だからです。

まとめ

評判の悪いエージェントは、担当者レベルでの評判です。全ての評判が悪いと、登録者もいなくなり、企業からの信頼やニーズも無くなります。

複数の転職エージェントを上手に活用しながら、取り扱っている求人が自ら受けてみたいと思える求人を保有しており、担当者との相性が合うと感じるエージェントに絞っていくというやり方で転職活動進めることをおすすめします。

もしいい求人を保有していても担当者との相性が合わないと感じた場合は、どの会社もしっかりと対応してくれるので、安心して会社に担当変更希望の旨を伝えましょう。

 

各転職サイト・エージェントの口コミ

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動