転職お役立ちコラム

コロナ禍での転職成功者の特徴は

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、リーマンショック以来の求人数の減少に転職希望者が悩まされています。

しかし、そんな中でも転職に成功している人は数多く存在しています。業績が悪い業種と良い業種がはっきりと分かれているといった印象です。

実はコロナ禍に陥る前と変わらず積極的に人材を採用している企業も数多くあるのです。

 

働き方を見直す企業が増えたから採用戦略につなげられる

これまで、「会議はみんなが集まって行う」、「遠方の支社に勤務している人も月に1度は本社へ行く」などの動きを見直す企業もかなり増えました。
その結果Zoomなどのアプリを使用してWebで会議を行うなどといった効率化を図る企業が増え、その分新規の採用に投資するといった選択をしている企業も多いのです。

 

ただし、業種ごとで採用状況は大きく異なる

ただし、以下の業種は依然厳しい状況を強いられている企業が多いのも事実です。転職活動時の情報収集を行う際はより注意して志望するようにしてください。(中には業績を維持している or 伸ばしている企業も多くあります。)

 

  • 観光
  • 飲食
  • アパレル
  • 交通
  • 小売

 

企業が求める中途社員とは

上記でコロナ禍においても採用を続けている企業が多いことを触れましたが、企業の人事担当者に話を聞くと、採用に至るまでのハードルが上がっている風に感じています。

これまでは「業務をしっかりとこなしてくれそうな人」もいい人材として採用されていましたが、これは過去の話になりつつありそうです。

今、企業が求めているのは「どんな状況下でも、創意工夫によって会社に良い影響を与えてくれそうな人」です。

一番はじめにお話ししましたが、例えば対面での会議の開催がしづらくなった今、Webによる会議を行っている会社が増えているという事実。

例えば、ただ会議を延期して必要な人物だけで電話でやり取りをしようという会社もあるでしょう。しかし、この現状に臆することなく創意工夫によって変革を起こせる人こそ、今転職シーンでは重宝されているのです。

 

転職成功者の特徴

転職成功者の特徴は、「会社に変革を起こしてくれそう」と面接官にアピールできた人です。
今は異業種への転職も当たり前になりつつあります。

つい最近サポートした方は、これまでシステム関係で働いていたけれど、介護施設が新たにポジションとして募集を始めたシステム管理者へと転職することができました。年収も300万円ほど上がっています。
介護職といえばヒューマンサービスのイメージが強いと思いますが、ITを連動させる必要性が浸透しつつあるので、こういった特定のスキルをもった人が重宝されやすいのです。

面接ではこれまでのスキルとITを駆使する必要性を述べ、面接官に「変革を起こしてくれそう」と期待されたのです。

 



 

 

自分のスキルに自信がない方

 

一人で考えていてもなかなか自分自身が持ち合わせているスキルが思い浮かびにくいと思います。中にはスキルなんて全くないと思っている人もいるかもしれません。しかし、これまで経験してきた仕事の中で培ったスキルは必ずあるはずです。

 

アピールポイントが思い浮かばない人は転職のプロに相談を

一人でアピールポイントが思い浮かばない場合は、転職エージェントという転職のプロに相談してみることも一つの方法だと思います。
転職エージェントとは、簡単に言うと面接対策から書類対策、求人の提案まで転職のサポートを無料で行ってくれるサービスです。

エージェントとのヒアリングで、これまでのスキルをこのように伝えたらよいなど、面接での対策にも役立つはずです。
また、場合によってはそのスキルを活かせそうな求人も紹介してくれます。一人で転職活動に挑むのが不安という方は、利用も無料なのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

全国的に有名な転職エージェント

目的別で利用するべきエージェントも異なってきます。転職の目的に合ったエージェントに相談をしてみましょう。また、1社だけに絞らず、2,3社を併用することで応募するべき求人像がよりはっきりと見えてきます。

 

国内企業(地方を含む)転職を検討している方向け全国最大手の就職サポート企業

リクルートエージェント

2020年度の転職者満足度ランキング1位 (オリコン調べ)

パソナキャリア

外資系の企業を検討している方向け外資系求人多数で、ハイクラスの転職に強みを持つ

Samurai Job

IT関連企業への転職を検討している方向け現役エンジニアの転職希望者が多数利用

Tech Stars Agent

まとめ

「会社に変革をもたらしてくれそう」という期待感に関しては、応募書類や面接での受け答えで大きな印象を与えることが可能です。

今は求人数に対して転職希望者の方が多いという転職希望者にとってはなかなか厳しい状況です。また、一般的に転職活動は内定を得て今の会社を辞めるまで数か月かかります。

ライバルたちに差をつけるという意味でも、下準備を怠らず、効率的に転職活動を行うよう心がけましょう。

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動