内定~退職まで 転職お役立ちコラム

気持ちよく退職する為のマナー。失敗しない退職時のお菓子選びも。


退職最終日には、お世話になった方々にこれまでの感謝の気持ちを伝え丁寧にお礼をする必要があります。退職者本人だけでなく、送り出す人たちも気持ちよくいられるよう、退職最終日のマナーをしっかりと把握しておきましょう。

退職最終日の挨拶

退職が決まりいよいよ最後の出社日を迎えたとき、当日になって「あれ?何をすれば良いんだろう」となることがないように、最終日の挨拶マナーを確認しておくことが大切です。退職最終日の挨拶マナーの基本をしっかりおさえて、気持ちのよい最終日を迎えましょう。

退職のスピーチ

挨拶の内容はネガティブな内容は避けましょう。また、周りの方の仕事の時間を割かないよう、あまり長くならないようにまとめることも大切です。しかし、逆にあっさりしすぎるのもあまり印象がよくありません。前日までにスピーチ内容はある程度決めておきましょう。

スピーチの流れ

①退職の報告 ②お礼の言葉 ③今後の決意 ④締めのフレーズ

NGスピーチ

スピーチの内容は相手にとって失礼のない挨拶にしましょう。退職する側も、見送る側もお互いに気持ちの良い最終日を迎えたいですよね。以下では、スピーチに盛り込んではいけない例をご紹介します。

ネガティブな内容

思い出話を盛り込むことは良いのですが、「○○が嫌でした。」「○○が辛かったです。」など、マイナス発言は絶対にダメです。今後も会社に残り働く人たちのモチベーションが下がるような事は話さないことが常識です。

長すぎる思い出話

周りの方たちは多くの仕事を抱えています。思い出話をするのは良いですが、あまりに長くなりすぎると他の方たちの仕事の妨げになってしまう可能性があります。退職しない方々に迷惑をかけないよう、簡潔にまとめて話をすることを心がけましょう。

スピーチ例

スピーチ例1
あなた

このたび一身上の都合で退職することになりました。至らぬ点の多い私を支えていただき、皆様には大変感謝しております。時には厳しく、そして時には優しくご指導いただきました。本当にお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。 今後、進む道は変わりますが、これからもこの会社で培った力を活かし頑張っていきます。皆様もお身体に気をつけて、ご活躍ください。ご活躍を応援しております。これまでありがとうございました。

スピーチ例2
あなた

一身上の都合により本日付で退職することになりました。5年前に入社し、大変なこともありましたがとても実のある会社生活でした。ご迷惑をおかけしてしまったこともあったかもしれませんが、これまでご指導頂いた上司・先輩方、助けて頂いた同僚の皆様のお陰で、楽しく仕事をすることができました。 今後、私の業務は、〇〇さんに引継いでいただくことになっています。どうぞよろしくお願いいたします。 本日をもちまして〇〇社を退社いたしますが、どうぞ今後とも変わらぬお付き合いをお願いいたします。以上で退職の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

 

退職最終日に挨拶をしない企業の場合

会社によっては、最終日にみんなの前で挨拶をしないところもあると思います。その場合には、お世話になった方へ個別に挨拶をしましょう。その際に、感謝の気持ちを込めたお菓子を持っていくことがおすすめです。個別に回れない場合にも、「お世話になりました。みなさんで食べて下さい」というメモとともに菓子折りを残していくのも一つの手段ではあります。もしくは、最終日の挨拶メールを送るのも良いでしょう。お世話になった方々へ、感謝の気持ちを伝えることは社会人としての基本的なマナーです。お礼メールやお礼の菓子折りについてもご紹介します。

メールでの退職挨拶のポイント

最後のメールは伝えたいことはたくさんあるかもしれませんが、長文になるとそれだけ読むのに時間がかかってしまうので、相手が読みやすい分量を心がけましょう。

内容は「お礼・感謝を伝える」以外にも、退職の挨拶に盛り込むべき基本項目があります。まずは「退職する日付」と「退職理由」、そして「感謝の気持ち」、最後は相手の人・企業の「繁栄や活躍を祈るエール」を伝えます。「退職理由」は結婚・出産などおめでたい報告などの場合を除いて、具体的に伝える必要はなく、「一身上の都合」で大丈夫です。また、具体的な転職先も伝えないのが無難です。

 

美味しいお菓子で「ありがとう」を伝えましょう

退職する最後の日には、今までの感謝を込めて、喜ばれるお菓子を用意したいところですよね。退職の挨拶と一緒に、その場にいない方にも気持ちが伝わる、おすすめのお菓子と、渡すときのマナーをご紹介します。

退職挨拶時のお菓子のマナー&渡し方

お菓子を渡すタイミングは、最終出勤日のお昼休みや仕事が終わった後など、働いている方の業務に支障のない時間帯がおすすめです。また最終日の他の社員の予定をチェックしておきましょう。営業の人などは社外に出ていることも多く、最終日に退職の挨拶をしようと思ったらいなくて挨拶出来ないまま退職になってしまう…という可能性もあります。

日持ちしないお菓子は避けましょう!

退職のご挨拶に選ぶお菓子には、生菓子やケーキなど日持ちしないものは避け、常温で保存でき賞味期限が長いものを選ぶ気遣いが必要です。

お菓子の数が足りなくならないように気を付けて

お菓子を買いに行く前に、お菓子を何個分用意しなければいけないのか確認し、人数分足りる菓子折りを選びましょう。大規模な会社であれば、基本は 自分の部署全員+お世話になった人と考えていいでしょう。一方、社員が少ない職場の場合は、全員分を用意した方がいいと思います。

個装になっているお菓子がベスト

お菓子は、個装になっている物を選びましょう。個装になっていないと賞味期限が短い物が多いですし、渡す時に手間取ってしまいます。

予算内におさまる金額で探しましょう

金額はいくら以上などの決まりはありません。感謝を伝えるお菓子とはいえ、無理して高価なものを用意する必要はないのです。気持ちが伝わるように3~5000円(一人あたり100~300円程度)の予算を目安にするといいでしょう。

 

退職時に渡すおすすめのお菓子

 香り高いフィナンシェ・マドレーヌ

アンリ・シャルパンティエ公式オンラインショップ
封を開けた瞬間に広がるバターの香りと、しっとりやさしい口どけ。焼き上がったその日に、工場から出荷するので、いっそう香り高いフィナンシェ・マドレーヌを楽しめます。感謝の気持ちを伝えるお菓子にぴったりです。詰め合わせの個数も様々で、人数に合わせて選べるのもうれしい。

 

可愛くて、もらう人に喜ばれるお菓子がたくさん



シーキューブ(C3) 公式オンラインショップ
思わず人に贈りたくなるようなお菓子がたくさん揃います。これまでこのお店のお菓子を渡して失敗したことがないほど!自信を持っておすすめできます。

 

-内定~退職まで, 転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動