転職お役立ちコラム

新卒入社した会社で後悔しかない人のための人生挽回方法

せっかく頑張って内定をもらったのに毎日仕事を辞めたいと思っている

 

新卒入社から1年が経とうとしている人から、「就職活動を頑張って入社したものの、毎日辞めたい気持ちしかない。」という相談を受けたことがあります。

 

実はこういったケースの相談は非常に多く、調べてみると「約6割の新卒が入社したことを後悔している」というアンケート結果が出ていました。

 

ワークライフバランスが強く叫ばれている現在、各企業それなりの労働環境の改善に向けた努力をしているはずですが、劣悪な労働環境を強いられる企業も多くあるということです。

 

確かに新卒向けの就職サイトを見ていると、結構ブラック目な会社も掲載されているなと感じます。

 

基本的に就職サイトは利用料を支払えば掲載することができ、自社で掲載内容を編集することもできるので、学生に対していくらでもよく見せることができます。

 

写真に写っている社員が楽しそう」、「明るそうな会社だな」など、掲載ページの印象でエントリーをして内定をもらった結果、思い描いていた職場環境や勤務内容、勤務形態のミスマッチが起こり会社を辞めたい気持ちになっている人も多くいると考えられます。

 

確かに学生時代であればこのような採用のビジネスモデルについて理解している人は少ないでしょうし、企業の内情などをしっかりと研究したうえでエントリーする人は少ないですよね。

 

実際に入社したことに後悔している理由の1位が、「入社前の情報収集が足りなかった」という結果が出ています。

 

新卒入社で失敗したから人生詰んだと思ってませんか?

 

さて、新卒入社に後悔している人から相談を受けた時に「ブラック企業に入社してしまい人生が終わりました。」と続けて言われたことがあります。

 

これらの人に共通して感じられるのは「責任感の強さ」です。

 

  • 何人もの就活生の中から筆記試験・面接を勝ち抜き内定をもらったからなかなか辞めづらい。

 

といった理由から"転職・退職”という選択肢を入れることができず、人生が終わったと思ってしまうようです。その理由と合わせて

 

  • 就職活動の大変さや面倒なことも経験しているからまた就職活動をしたくない。
  • せっかく1年勤めて人間関係に慣れてきたのに、また1から人間関係を構築していくことが億劫。
  • 1年しか勤めていないのに他の会社が拾ってくれるのだろうか。

 

という理由からも転職に向けた行動をすることができない人も多くいました。

ですが全国的に見てみると、新卒入社を後悔している人の3割が1ヶ月以内に退職8割が3ヶ月以内に退職しているという事実があります。

 

入社後3か月以内に退職しても大丈夫?

 

かつては3年以内に退職すると、経験も浅いことから転職には不利という傾向がありました。

しかし現在は高齢化に伴い、若手の人材不足に悩まされている企業も多くあることから、新卒入社から数年以内に退職した人(第二新卒)を積極的に採用している企業がたくさんあります。

その証拠に、第二新卒に特化した転職支援サービスも数多く存在しています。

 

第二新卒に特化した転職支援サービスとは

新卒時に利用した転職サイトは、気になる企業を自分で見つけ、自らエントリーする仕組みでした。

それとは違い、専任のコンサルタントがパートナーがついてくれ、ヒアリングの元希望条件に合うような企業を提案してくれ、内定をもらえるよう履歴書添削から面接対策までトータルでサポートしてくれるサービスです。このようなサービスを「転職エージェントサービス」と言います。

こちらは企業が掲載料を払うというビジネスモデルではなく、転職希望者が内定したら、転職支援サービスの会社に紹介料を支払うという仕組みなので、転職希望者は無料でサポートを受けることができます

 

いやいやこれじゃ希望に合わない企業を紹介されたらまたおしまいじゃん。

 

って思いますよね?確かにヒアリングで自分の思いを伝えることができないと、またミスマッチにつながる場合もあると思います。ですが、今の仕事が嫌な理由もはっきりとわかっている今、何を重要視したいか自分の中でぼんやりと思い描けていると思います。

もし転職活動を考えている場合、自己分析をしたうえで転職エージェントに話をすると希望から大きく外れるような企業の提案はされません。

自己分析の仕方はこちらでも紹介していますので参考にしてください。

転職活動の準備

   

続きを見る

 

また、第二新卒に特化した転職エージェントを利用している企業の視点からすると、

転職希望者が早期退職したことを前提にサービスを利用している=また早期退職するかもというリスクを避ける必要がある

内定を出したら紹介料を支払わなければならない=早期退職をされると支払った金額が無駄になる

といった事情が考えられます。そのため第二新卒に特化した転職エージェントを利用している企業は、早期退職を防ぐため労働環境などと向き合っている企業が多いという特長もあるといっていいでしょう。

 

実際に支持されているエージェント会社

 

では実際にどのようなサービス(会社)が存在するのでしょうか? 求人の豊富さやサービスの質の良さなどで特に支持されている転職エージェントをいくつかピックアップしてみました。

 

  • マイナビジョブ20's

    首都圏・関西・東海エリアに特に強い、20代前半に特化した業界大手のエージェント。

  • いい就職.com

    30,000人以上の転職をサポートしてきた実績のあるエージェント。
  • ウズキャリ第二新卒

    エージェント側でブラック企業を徹底排除。内定後の定着率も90%以上と満足度も高いエージェント。
  • 20代の転職相談所

    東京・大阪・名古屋・横浜を対象にした5,000社を超える正社員限定求人を保有。
  • DYM就職

    取り扱い求人数は2,000社と他社と比べて少ないけれど、一部上場企業、トップベンチャー企業等の優良企業の求人を多数保有。
  • キャリアスタート

    エージェントランキングで上位の実績あり。営業・販売・接客などの求人に強い。
  • 【リクルートエージェント】

    【おまけ】第二新卒に特化というわけではないが、業界最大手で取り扱い求人も100,000件以上あるので相談する価値あり。

 

このように第二新卒に特化した転職支援サービス(転職エージェント)は多数存在しています。各社で取り扱い求人の数はもちろんですが、得意としている業種なども異なってきます。どの会社も無料で登録できるので、次の転職活動では後悔しないように複数のエージェントに登録することをおすすめします。

 

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。転職エージェントとして活動していた時に、新卒入社したけど早々に退職したいと本当に悩んでいる人の表情を思い出すと、

「せっかく輝かしい思いを持って社会人になったのに、たった1つの会社のせいで人生を追い詰められたりするような思いをして欲しくない。」という気持ちになります。

辞めたい気持ちが強くてうつ状態になりかけている人がいるなら勇気を出して行動してみてください。エージェントに相談してみてください。
今勤めている会社が全てではないので、毎日笑顔で働くことができる会社に出会えることを信じています!

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動