内定~退職まで

内定を辞退する

内定を辞退するまでの流れ

企業から内定通知を受けたものの、条件面で折り合いがつかなかったり、他の企業への入社を決めた場合などに内定を辞退することもあります。内定を辞退する際のマナーや連絡の仕方、伝え方などを確認しておきましょう。

ポイント

内定辞退の連絡は電話で行うのが基本です。先方の担当者が不在だった場合はメールで伝えましょう。しかし、エージェントサービスを利用した場合は、内定の通知も返事もエージェント経由で行うのが一般的です。

内定辞退を伝えるのは気が引けるものですが、連絡をしないのは絶対にNG。企業はあなたの入社に向けて採用をストップしている場合が多いので、必ず連絡をしましょう。

電話・メールでの返事の仕方

電話で辞退する場合

電話をかける時間帯は相手の都合を考え、出社・退社時間の間際やお昼時間を避けましょう。

あなた
お世話になります。内定の通知をいただきました山田太郎と申します。
採用担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか?

―担当者にかわる―

この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。
大変申し上げにくいことなのですが、検討の結果、この度は御社よりいただきました内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。転職に際し、私が今後どのように社会に貢献できるかを真摯に考えたところ、別の企業とのご縁を感じ、他社への入社を決意いたしました。

本来ならば、直接お詫びに伺うべきところですが、取り急ぎお電話でご連絡を差し上げました。申し訳ありません。 御社にはたいへんご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

メールで辞退する場合

入社承諾の連絡は基本的に電話がベストですが、担当者が不在だった場合、メールで伝えましょう。その際、「先ほどお電話させていただきましたが、ご多忙のようでしたのでメールにて失礼します」と、事前に連絡を入れていた旨を伝えることを忘れずに。

メール例文

件名:内定辞退のご連絡
本文:
○○株式会社 人事部
○○様

お世話になっております。内定の通知をいただきました、堂田です。
先ほどお電話させていただきましたが、ご多忙のようでしたので、メールにて失礼いたします。

この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。
このようなうれしいお知らせをいただきながら誠に恐縮なのですが、検討の結果、内定を辞退させていただきたくご連絡を差し上げました。

履歴書や職務経歴書にお目通しをいただいたり、面接でのご対応をしていただいたりと、貴重なお時間を割いてくださったにもかかわらず、このようなご連絡になりますことを大変心苦しく感じております。

本来であれば貴社へお伺いし、直接お詫びをするべきところではございますが、メールでのご連絡となるところを、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。

面接をご担当いただいた○○様をはじめ、採用に関わってくださった皆さまには、心より感謝しております。
最後になりますが、貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

-----------------------
署名

-内定~退職まで

© 2021 年収アップを叶える転職活動