自分に合う求人を探す 転職お役立ちコラム

転職で成功・失敗する人にはそれぞれ特徴があった

年間で300万人以上が転職を経験しています。その中で、「やめなければよかった。」、「思っていたところと違った」と思う人は50万人にのぼります。では、どのような人が転職に失敗してしまうのでしょうか?

 

転職を失敗する人に共通してみられる特徴

 

前職での自信が過剰になり、新しい職場になじめない。

前職での実績や、職を通じて得たスキルを答えることは、転職面接では大前提となります。しかし、転職後の新しい職場で、「前にいた会社のやり方はこうだった。」、「前の会社とのとのやり方を比べると非効率すぎる。」など、マイナスの面ばかりに目が行くと、新しい職場もあまり好きにはなれません。また、「前の職場でそれなりの仕事を任されていたのに、ここでは雑用のような仕事ばかり。」と不安を抱くこともよくありません。転職差はあくまでもあなたにとってはゼロからのスタート。謙虚な姿勢を忘れてしまうと、転職に失敗したという気持ちが大きくなってしまいます。

経験が浅いのに、年収アップが目的の第一になっている

収入アップを目的にした転職活動は、もちろん私自身も正しいと思います。ただし、収入ばかりに目が行ってしまうと、「新しい職場では営業ノルマが厳しく、ついていけなかった。」など、早期離職の原因になりかねません。
転職面接で職務内容についてしっかりとすり合わせをすることはもちろんですが、あからさまに給料などの待遇がよい求人も要注意です。また、転職エージェントを利用した際には、エージェントに企業についてしっかり聞いたうえで応募をするようにしましょう。

 

転職に成功する人に見られるケース

 

目的を明確にして転職活動を行っている

転職活動を意識したきっかけはなんですか?「現職のBtoCマーケティングの仕事を通して、BtoBのマーケティングをしたいと思ったから。」、「海外出張を希望していたが、あまり機会に恵まれなかったため、規模が小さくなったとしても海外出張に行ける会社に転職したいと思ったから。」など、あなた自身の目的がはっきりしていれば、仕事に打ち込む姿勢も変わってきます。そのような思いで転職活動に臨むと、次の職場でも長く勤められるでしょう。

エージェントをうまく利用して情報収集をしっかりと行う

ハローワークで転職する際は、公の機関であるという安心感はあるのですが、ハローワークの人は、応募する企業の内情などをあまり知りません。また、ハローワークを利用する企業も、申請を出せば利用できるので中にはブラック企業も多く紛れ込んでいるのも事実です。一方エージェントは、直接企業に足を運んでいるので、会社の特徴や風土などをしっかりと把握しています。ですので、転職者の希望をしっかりとヒアリングしたうえで提案してくれるので、ミスマッチが少ない転職活動を行うことができます。各エージェントで取り扱っている求人も異なり、さらには登録しないと見ることができないプレミアムな求人もあります。サポート料金などは企業が支払うため一切かかりません。ぜひ1度登録してみることをお勧めします。

 

元エージェントが厳選!転職サイト・エージェントの口コミ

-自分に合う求人を探す, 転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動