面接対策

転職面接の質疑応答で好印象を与えるコツ

質疑応答で好印象を与えるコツは5つ!

転職面接での質疑応答の目的は、「マッチングの確認」です。御社でないとダメなんですという真摯な姿勢を示すことによって、まずは面接官に“この人とは相性がいいな”と思ってもらえることが最優先です。そのうえで大切にしたい5つのコツをお伝えします。

自分の言葉で話すこと

各エージェントは、質疑応答マニュアルというものを用意しているケースが多く大変役立つのですが、そのマニュアル通りに話してしまうと、面接官にとっては「またか」と思われてしまうきっかけになります。ライバルも同じマニュアルを読んでいるということを十分に噛み砕き、転職活動の準備で行った自己分析をもとに、自分自身の言葉で具体的な経験やあなたならではのスキルを加味してきましょう。

質問には簡潔に答える

だらだらと話し続けることはいい印象にはつながりません。職務経歴書や履歴書に詳細に書いた経歴や志望動機も、全て話すのではなく、要約して話すことでポイントを絞った次の質問が来ます。また、話し方のコツとしてまずは結論を語りましょう。そこで、「なぜなら〜」と続くことで、面接官にはよりあなたの考えている事柄が印象に残りやすくなります。

ココに注意

はい、いいえの一言で答えないこと。簡潔ということを意識しながらも+αの情報を伝えるようにしましょう。

感謝の年を伝えること

業務時間を割いてあなたの面接の時間を確保してくれているので、「ありがとうございます」という気持ちをしっかりと伝えることが大切です。そうすることで、「この人に会えてよかった」という面接官にとっても好印象を抱いてもらういいきっかけになります。転職面接も対人のコミュニケーションになりますので、感謝の気持ちを言葉で表すことによって好感を抱かれるきっかけになるはずです。

誠実な受け答えをすること

職務経歴書や履歴書に書いてある事柄を中心に質問をしてくれれば簡単なのですが、最近は各エージェントの転職マニュアルも充実してきていることから、あなたの本音を探ろうと変化球の質問を繰り出してきます。質問の意図を理解して、冷静に答えるようにしましょう。結婚の予定はあるか?など「この質問は採用に関係があるのか?」と思った場合も口には出さずに誠実に答えるようにするとよいでしょう。

相手の鼻筋の上をみること

相手の目を見て話すことはもちろん大切なのですが、ずっと目を合わせられるのも、面接官にとっては少ししんどく感じる場面があります。自然に面接官に目がいっていると思ってもらうための見方として、「眉の間と鼻筋の上部分を見る」ことで、自然に面接官に目がいっていると思ってもらえます。面接官の話を聞く際も視線は鼻筋の上を意識することによって、聞き上手だという印象を与えられることもあります。

 

-面接対策

© 2021 年収アップを叶える転職活動