転職お役立ちコラム

新卒入社で鬱状態。続けるべきか転職すべきか迷っている方へ

新卒入社直後に辞めたいと思うあなた。第二新卒で転職の道もある!

胸をはずませ社会人生活を迎えた人の中でも、毎年何割かの人が早期退職の道を選んでしまします。
その理由の大半が、社風になじめそうになかったから。残業が多すぎるなどネガティブなものです。

確かにネガティブな理由が主な理由であっても、
転職活動でそのことを前面に出してしまうと転職活動もうまくいきません。
今は第二新卒歓迎という企業も増えてきており、若い世代での転職も受け入れられやすい時代です。

そんな新卒で入社したものの、転職明日糸井いう気持ちにあふれている方へ、
どのような転職活動を行えば成功に近づけるかをお伝えしていきます。

 

第二新卒の転職で失敗しがちなこと

転職活動を成功させるためには、これだけは行ってはダメな転職活動方法を知っておくことも重要です。

 

新卒からの転職を目指す際のNG行為新卒入社した会社が嫌だから転職すると公言すること

 

新卒で入社をして、この会社の雰囲気についていくことができないと感じて転職をしたいと思う人もおおいはず。しかし、いやという気持ちが前に出て転職活動をする人は転職した先でもうまくいかない可能性が大きいです。

やりたいことが明確になっていないまま転職活動を行っても、
アピールする武器もなく、負債用意なるケースが多いです。
人事担当者は現職が嫌で転職活動を行っている人を何人も相手にしてきているので、
すぐに見抜かれてしまいます。

 

新卒の就職活動と転職活動は全く別物

新卒の就職活動では「リクルートサイトへ登録」、「合同説明会もしくは個別の会社説明会に参加」、「企業へエントリー」、「採用試験を受ける」といった流れが一般的ですが、
転職活動でも同じような行動をしていては、スムーズに進めることができません。

 

たとえ会社が嫌で転職したいと思ったとしても、

次の会社で早期退職にならないために、まず自分自身がどういった仕事をしたいかをしっかりと考えることが大切です。

 

転職成功の秘訣

 

転職活動をする際にも履歴書が必須になりますが、
職務経歴は嘘偽りなく書かなければいけません
経歴をごまかして書いてしまうと、内定が取り消される可能性もあります。

 

転職成功叶えるために①将来どんな仕事に携わりたいかをイメージする

まずは学生時代に行ったように、自己分析をしてみましょう。

どんな仕事に携わり(業種や職種)、
どういった職場で働きたいのか(風通しが良い、社員数は少なめでアットホーム)
などをイメージすると、ある程度の業種や理想とする職場が絞れます。

 

転職成功叶えるために②転職サポートのサービスを利用をする

 

第二新卒に特化した転職サポートを行っているサービスがあるので、
それらを利用することも一つの方法です。
新卒採用時に利用した終活サイトとは違い、ヒアリングの元希望とする企業を紹介してくれるので、ミスマッチも少なくできる期待ができます。

 

第二新卒に特化した転職エージェントサービス

 

ネガティブな転職理由をどうポジティブに見せるかが一番重要

面接時には必ず退職理由を尋ねられます。

その時正直に、「入社していたところが自分の思っていた雰囲気と違った」と答えると面接官はどのように受け取るでしょうか?

きっと、「また都合の悪いことがあたら退職してしまいそうだな」と感じ、不採用になる可能性が高くなります。

たとえば、医療関係のITソリューションを提供している会社に応募するとしましょう。

面接での答え方の例

「新卒の就職活動時には営業というくくりを主に就職活動を行っていました。実際に営業職に就いてお客様の課題を解決することは私自身としてもやりがいに感じていました。その中でお客様に医療関係の業種があり、近年の新型コロナウイルス関連で現場が非常に圧迫していることに危機を感じました。医療関係は、オンラインでの診療などもっとITを絡めたソリューションが大切だと感じました。御社のサービスをもっと広めることができれば、もっと快適に医療サービスを受けることができる人が増え、多くの方が安心して暮らせるきっかけになるのではないかと考えています。また、現場のスタッフの労力の軽減にもつながるのではないかと考えています。そんな今の課題解決の一助になりたいと思い、今回新卒入社早々ではありますが、御社に応募させていただきました。」

 

少し長くなりましたが、ここでのポイントは2つ

 

  • なぜ新卒入社間もないのにその会社を受けようと思ったのか。
  • なぜこの会社じゃないといけないのか。

 

この2つを面接官に響くように伝えなくてはいけません。
そのためにも自己分析をしっかりと行ったうえで、自分がどういった転職を叶えたいかをイメージして転職活動に挑みましょう。

 

-転職お役立ちコラム

© 2021 年収アップを叶える転職活動