書類作成

職務経歴書の作成方法

中途採用の場合は職務経歴書も必要です。書類の内容によって、接への通過率や印象が大きく変わります。面接に進んだ場合も、職務経歴書をもとに質問をされるケースが多いので、読みやすさを心がけて、経験と実績が魅力的に映るようにまとめましょう。また、デザイナーなどクリエイティブな職種の場合は、職務経歴書とは別にポートフォリオなどの作品提示を求められるケースが多いです。

職務経歴書のフォーマットをご用意したので、ご活用ください。

職務経歴書をダウンロード

 

職務経歴書の書き方について

1番重要な「職務概要」

企業の採用担当者の元へは職務経歴書が何通も届きます。また、エージェントを介した場合も、あなただけを推薦していればいいのですが、何名かを推薦している可能性も大きくあります。そのため、職務概要の分かりやすさとインパクトが非常に大事となります。

印象に残る経歴を持っていないという方も、書き方かたひとつで印象の残る職務経歴書に!

気を付けるポイント

・介護要約は自分のあらすじ。「20〇〇年■月 日本食フェスティバル企画・運営(5万人来場)」など、年月と実施した仕事に対して、実績も書けるとベスト。

・営業成績を書く場合は、「目標・実績」、「対目標●●%」と具体的な数字を織り交ぜて説得性を持たせる。

他と差をつける「自己PR」

そして、職務経歴書で悩みやすいのが、「自己PR」。そんな時は、転職活動の準備で行った作業を振り返り、下記のポイントについて考えてみてください。

気を付けるポイント

  1. 自己分析で見出した強みを反映した自己PRになっているか。
  2. 自己分析で書いた具体的エピソードとともに自分の仕事に対する姿勢をアピール。
  3. 応募する企業でどのように貢献していけるか。

 

また、採用担当者はこの4つのポイントを中心に書類を見ています。これらのポイントを踏まえながら、「他社と差をつける自己PR」を記載してみましょう!

見られるポイント

  1. これまで経験して培った能力が発揮できそうか。
  2. 仕事に対する熱意や意欲を持っているか。
  3. 転職目的と応募した目的がリンクできているか。
  4. 応募した企業で発揮できる強みを把握しているか。

 

-書類作成

© 2021 年収アップを叶える転職活動