SPI&一般常識対策・問題例

転職採用の試験でも意外に多い筆記試験

転職採用の試験は、面接だけでなく筆記試験を課している企業も多くあります。その中で多いのが、「SPI」と呼ばれる適性検査です。実際に経験した人も多いかもしれませんが、大きく分けると「言語分野」、「非言語分野」と2つの大ジャンルがあり、国語から数学、理科などが出題範囲になっています。学生の時は簡単に解けていた問題でも、時間が経つと解き方を忘れてしまっていることがあるので、不安な分野だけでも復習してみることをおすすめします。また、制限時間に対して問題数が多くあるので、1問1問を解くスピードも大切な要素になってきます。よく出る問題をアップしていきますので、事前に学習したうえで試験に臨み、実力を十分に発揮しましょう!

国語

SPI&一般常識問題 国語

SPI&一般常識の問題例【国語 (四字熟語-②) 】

四字熟語② 対策レベル  漢字は見たことはあるけれど、意味まで問われるとなかなか答えることができない四字熟語。採用に筆記試験では、四字熟語の意味を問う問題も頻出されますので、四字熟語の読み方だけでなく ...

SPI&一般常識問題 国語

SPI&一般常識の問題例【国語 (多義語-②) 】

多義語-② 対策レベル  多義語の問題は頻出される傾向にあります。多義語とは、複数の意味をもつ言葉のことです。問題と同じ意味をもつ例文を選ぶ問題がよく出ます。問題の言葉の意味を文脈から判断する力をつけ ...

SPI&一般常識問題 国語

SPI&一般常識の問題例【国語 (反対語-②) 】

反対語-② 対策レベル  反対語の問題は頻出される傾向にあります。反対語を探す問題は、二字熟語だけでなく、外国語、四字熟語、動詞、形容詞、形容動詞、副詞も取り扱われています。特に複雑な問題はよく出るこ ...

SPI&一般常識問題 国語

SPI&一般常識の問題例【国語 (多義語-①) 】

多義語-① 対策レベル  多義語の問題は頻出される傾向にあります。多義語とは、複数の意味をもつ言葉のことです。問題と同じ意味をもつ例文を選ぶ問題がよく出ます。問題の言葉の意味を文脈から判断する力をつけ ...

もっと見る

© 2021 年収アップを叶える転職活動